菅田将暉&岡田将生らの“悪い顔”を凝縮! 本当の悪は…『CUBE』特別ビジュアル

『CUBE 一度入ったら、最後』より、菅田将暉、岡田将生らが、極限状態の中でふと悪い顔を見せる瞬間を切り取ったキャラクター特別ビジュアルが公開された。

映画 邦画ニュース
『CUBE 一度入ったら、最後』(C)2021「CUBE」製作委員会
  • 『CUBE 一度入ったら、最後』(C)2021「CUBE」製作委員会
  • 『CUBE 一度入ったら、最後』(C)2021「CUBE」製作委員会
  • 『CUBE 一度入ったら、最後』(C)2021「CUBE」製作委員会
  • 『CUBE 一度入ったら、最後』(C)2021「CUBE」製作委員会
  • 『CUBE 一度入ったら、最後』(C)2021「CUBE」製作委員会
ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の『CUBE』のリメイク作品『CUBE 一度入ったら、最後』より、菅田将暉、岡田将生らが、極限状態の中でふと悪い顔を見せる瞬間を切り取ったキャラクター特別ビジュアルが公開された。

>>『CUBE 一度入ったら、最後』あらすじ&キャストはこちらから

謎の立方体「CUBE」に閉じ込められた6人は、脱出を試みるも、次々と襲いかかる死のトラップへの恐怖、出口が見えない不安と閉塞感、極度の緊張とストレス――と、CUBEの全てが彼らの体力と精神力を削っていく。そんな極限状態に追い込まれていく彼らの表情には、徐々に人間の本性と闇が滲み出てくる。


まずは、本作の主演・菅田さん演じるエンジニアの後藤。CUBEからの脱出を先導していく、行動的で頭脳明晰な彼だが、ふとみせる無情なこの表情からは、どこか達観したような不気味さが感じられる。また隣には、常に冷静で慎重に謎に向かう、団体職員の甲斐麻子(杏)が。冷たく暗いこの表情には、人を見透かしたような怖さが見え隠れする。

さらに、何か憎悪に満ちた感情と同時に、どこか悲しみをも思わせる奥底に眠っていた表情がうかがえるフリーター・越智真司(岡田さん)。黒く鋭い眼差しで誰かを睨みつける中学生・宇野千陽(田代輝)。見るからに怪しい雰囲気が漂う整備士・井手寛(斎藤工)。人当たりの良さそうな紳士かと思いきや、不満そうな顔でいまにも誰かを怒鳴りつけて恫喝しそうな会社役員・安東和正(吉田鋼太郎)の姿も。


果たして、この中に本物の悪人はいるのか、それとも“全員悪人”なのか? 彼らがどんな人物なのか、想像膨らむビジュアルとなっている。

『CUBE 一度入ったら、最後』は10月22日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top