トム・ホランド×デイジー・リドリー共演『カオス・ウォーキング』11月公開へ

トム・ホランドとデイジー・リドリー、さらにマッツ・ミケルセン出演『カオス・ウォーキング』が、11月12日(金)より日本公開。

映画 洋画ニュース
『カオス・ウォーキング』(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
  • 『カオス・ウォーキング』(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
  • トム・ホランド-(C)Getty Images
  • デイジー・リドリー (C) Getty Images
  • マッツ・ミケルセン-(C)Getty Images
  • シンシア・エリヴォ (C)Getty Images
  • ニック・ジョナス-(C)Getty Images

『スパイダーマン』シリーズのトム・ホランドと、『スター・ウォーズ』シリーズのデイジー・リドリー、さらに人気俳優マッツ・ミケルセンも出演する新感覚SFエンターテインメント『カオス・ウォーキング』(原題:Chaos Walking)が、11月12日(金)より日本公開されることが決定した。

それほど遠くない未来、人類は汚染した地球を旅立ち、新天地に辿り着いた。しかし、そこでは男性たちは頭の中の考えや心の中の想いが“ノイズ”としてさらけ出されるようになり、なぜか女性は死に絶えてしまう。その星で生まれてから女性を見たことがない青年があるとき、地球から新天地にやってきた1人の女性と出会う…。

本作はガーディアン賞、カーネギー賞など、数々の名立たる文学賞を制するパトリック・ネスの傑作SF小説を映画化。監督は、『ボーン』シリーズや『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『Mr.&Mrs.スミス』のダグ・リーマン。主演は英国からハリウッドへ進出し、世界中から愛されているトム・ホランド

トム・ホランド

共演は『スター・ウォーズ』シリーズでスターダムを駆け上がったデイジー・リドリー

デイジー・リドリー

アカデミー賞ノミネート作『アナザーラウンド』も日本公開される名優マッツ・ミケルセン

マッツ・ミケルセン

さらに、デミアン・ビチル、シンシア・エリヴォ、ニック・ジョナス、デヴィッド・オイェロウォが名を連ねる。

解禁となった場面写真には、トッド(トム・ホランド)とヴァイオラ(デイジー・リドリー)が正面を見据え、トッドからは“ノイズ”が出ている様子が可視化。また、中央に惑星がいくつか浮かんでおり、2人が宇宙を舞台に繰り広げられる壮大な物語を期待させる写真となっている。

STORY


西暦2257年、〈ニュー・ワールド〉。そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた〈新天地〉のはずだった。だが、男性たちは頭の中の考えや心の中の想いが、“ノイズ”としてさらけ出されるようになり、女性は死に絶えてしまう。この星で生まれ、最も若い青年であるトッドは、一度も女性を見たことがなかったが、あるとき、地球からやって来た宇宙船が墜落し、トッドは唯一の生存者となったヴァイオラと出会い、ひと目で恋におちる。ヴァイオラを捕えて利用しようとする首長のプレンティスから、彼女を守ると決意するトッド。2人の逃避行の先々で、この星の驚愕の秘密が明らかになっていく――。

『カオス・ウォーキング』は11月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top