実写ドラマ「ONE PIECE」原作へのリスペクト感じるタイトルロゴ公開

Netflixにて配信予定の実写ドラマ「ONE PIECE」より、タイトルロゴと台本の表紙を写した写真が公開された。

最新ニュース スクープ
Netflixシリーズ『ONE PIECE』
  • Netflixシリーズ『ONE PIECE』
  • Netflixシリーズ『ONE PIECE』

Netflixにて配信予定の実写ドラマ「ONE PIECE」より、タイトルロゴと台本の表紙を写した写真が公開された。

本作は、原作者・尾田栄一郎がエグゼクティブ・プロデューサーとして参加し、Netflixがトゥモロースタジオと集英社と提携して贈る、海賊たちの波乱と冒険に満ちたストーリー。脚本&エグゼクティブ・プロデューサーには、J・J・エイブラムスの制作会社を経て「エージェント・オブ・シールド」などを手掛けたマット・オーウェンズ、脚本&ショーランナー&エグゼクティブ・プロデューサーには、「LOST」を手掛けたスティーブン・マエダが参加。

到着した実写版ロゴは、原作ロゴをイメージして制作されており、“O”の文字には麦わらの一味の実写版トレードマークが描かれ、ルフィの左目の下の傷も反映されていたり、鼻にはルフィらしき姿もあったり。そして“E”は、原作ロゴと同じく碇の形になっており、原作へのリスペクトと遊び心が感じられる。

また公開された台本の表紙には、“ROMANCE DAWN”の文字が。

このドラマ第1話の仮エピソード名「ROMANCE DAWN ー冒険の夜明けー」は、原作第1巻・第1話のタイトルと同じ名前。まだ多くがベールに包まれたままの本作だが、制作は順調に航海中だという。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top