有村架純&志尊淳、保育士の仕事を体験…『人と仕事』場面写真公開

有村架純と志尊淳が、コロナ禍の現代社会と向き合うドキュメンタリー映画『人と仕事』より、2人が子どもたちと触れ合う場面写真が公開された。

映画 邦画ニュース
『人と仕事』(C)2021『人と仕事』製作委員会
  • 『人と仕事』(C)2021『人と仕事』製作委員会
  • 『人と仕事』(C)2021『人と仕事』製作委員会
  • 『人と仕事』(C)2021『人と仕事』製作委員会
  • 『人と仕事』(C)2021『人と仕事』製作委員会
  • 『人と仕事』(C)2021『人と仕事』製作委員会

有村架純と志尊淳が、コロナ禍の現代社会と向き合うドキュメンタリー映画『人と仕事』より、2人が子どもたちと触れ合う場面写真が公開された。


>>『人と仕事』あらすじ&キャストはこちらから

有村さんと志尊さんが、そのままの自分として様々な職業に従事している人々のもとに赴き、体験し、演技ではないありのままの言葉や表情で、感じたこと、考えたことをレポートしていく本作。

元々、保育士をモデルにした劇映画の企画から始まっていた本作。しかし、それが頓挫し、今回のドキュメンタリー企画が始動。2人は劇映画の中の“役”として保育士を演じるのではなく、コロナ禍で打ちひしがれた現実社会で「一仕事人」として保育士の仕事を体験した。

今回の場面写真では、リモートでは出来ない、そこにいなければできない仕事に従事する“エッセンシャルワーカー”である保育士の仕事を体験する2人の姿を写し出す。有村さんは、子どもたちの手を引きながらお散歩を、志尊さんは、教室内で子どもたちと椅子取りゲームをする様子が切り取られている。

なお本作では、保育士だけではなく、ほかの職業も体験し、いまの世の中を体感していく。

『人と仕事』は10月8日(金)より3週間限定劇場上映。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top