銀治の“本当の家族”の言葉に蒼介は「身を引く?」など様々な声、めいくの新曲も話題に…「#家族募集します」第8話

重岡大毅主演、木村文乃、仲野太賀、岸井ゆきのら共演の「#家族募集します」第9話が9月17日放送。銀治の“本当の家族”が現れる…その願いに視聴者から様々な声が送られるとともに、めいくの“新曲”にも「歌声が落ち着く」などの感想が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「# 家族募集します」第8話(C)TBS
  • 「# 家族募集します」第8話(C)TBS
  • 『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』完成披露プレミア試写会/木村文乃
  • 仲野太賀「タロウのバカ」の公開記念舞台挨拶
  • 岸井ゆきの
  • 山本美月
  • 石橋蓮司

重岡大毅主演、木村文乃、仲野太賀、岸井ゆきのら共演の「#家族募集します」第9話が9月17日放送。銀治の“本当の家族”が現れる…その願いに視聴者から様々な声が送られるとともに、めいくの“新曲”にも「歌声が落ち着く」などの感想が寄せられている。

妻が海外で死去、シングルファーザーとして5歳の息子・陽を育てる主人公が、幼馴染と再会したことから始まる、性格も価値観もバラバラな男女4人と子ども3人が家族になっていく姿を描いた新時代のホームドラマとなる本作。

絵本作家をしていた妻の遺志を継いで、新たな絵本作りを始めた赤城俊平を重岡さんが演じるほか、5歳の娘・雫を育てているシングルマザーで小学校教師をしている桃田礼に木村さん。俊平の学童時代の幼馴染みで、住み込みで働いているお好み焼き屋「にじや」に新たな“家族”を作ろうとする小山内蒼介に仲野さん。音楽活動を続けながら6歳の息子・大地を育てる横瀬めいくに岸井さん。

大手建設会社で働き、8歳の娘・いつきを預かることになった黒崎徹に橋本じゅん。「にじや」の店主で蒼介の提案を受け入れ2階を提供、前回のラストで倒れてしまった野田銀治に石橋蓮司。絵本作家だったが取材中に事故に遭い亡くなった俊平の妻・赤城みどりに山本美月といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

大地(三浦綺羅)とキャッチボールをしていた銀治が突然倒れる。大地はどうしていいかわからず、めいくに電話するが、蒼介と話していためいくは気づかない。そこで大地は旅行中の俊平に連絡。電話を受けた俊平と礼は急遽東京に戻ることに。その際俊平は「家族だから」と黒崎にもメッセージを送り、にじやの“家族”たちは病院に集まる。

俊平たちは銀治の“本当の家族”に連絡を入れるべきではないかと考えるが、銀治は家族について何も語ってこなかったため、SNSを使って銀治の家族を探すことを思いつき、めいくの歌とともにすると銀治の昔の写真を投稿すると、投稿を見た銀治の息子の妻・久実子(ヒコロヒー)が現れる…というのが今回のストーリー。

久実子は夫が銀治と6年前から絶縁状態だと語ったうえで、かつて蒼介が撮影した写真を見て「ほんとはまたこんな風に暮らせたらなって…もう叶わないことかもしれないけど」と口にし、その様子を見た蒼介は複雑な表情を見せる。

この事態に「明け渡す……なんてこともあるのだろうか」「本物の家族を住まわせるために身を引く?」「そうか、ほんとの家族が戻ってくる場所がなくなったってことってことなのか…」「蒼ちゃんの理想の家族を取り戻すためには蒼ちゃんがつくりあげた家族を手放さないといけなくなるのか……」といった声が次々と投稿される。

一方、銀治の家族を探すための投稿に添えられためいくの新曲に「めいくさんの歌が出来てる~~!!」「めいくちゃんほんと綺麗な歌声だなぁ~」「めいくちゃんの歌もメロディーも好き」「めいくちゃんの歌声が落ち着く」といった感想が集まる。まためいくの歌を聴きながらエアドラムを叩く蒼介にも「エアドラムでノッてくれる蒼ちゃんに恋をした」「音聞こえてきそうだったわw」などの声が寄せられている。

《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top