アレサ・フランクリンは「なぜ女王になったのか」衣装の秘密が明らかに『リスペクト』

音楽エンターテインメント大作『リスペクト』からジェニファー・ハドソン演じる“ソウルの女王”アレサ・フランクリンがまとった60・70年代ファッションの衣装の秘密が明らかに。

映画 洋画ニュース
『リスペクト』 (C) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『リスペクト』 (C) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『リスペクト』 (C) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『リスペクト』Actor Jennifer Hudson and Costume Designer Clint Ramos on the set ofRESPECTA Metro Goldwyn Mayer Pictures filmPhoto credit: Quantrell D. Colbert (C) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『リスペクト』(bg) Head Hairstylist Lawrence Davis(ctr l-r.) Costume Supervisor Munee Hayes, Costume Designer Clint Ramosand actor Jennifer Hudson on the set ofRESPECTA Metro Goldwyn Mayer Pictures filmPhoto credit: Quantrell D. Colbert (C) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『リスペクト』(l-r.) Costume Designer Clint Ramos, actor Jennifer Hudsonand Director Liesl Tommy on the set of their filmRESPECTA Metro Goldwyn Mayer Pictures filmPhoto credit: Quantrell D. Colbert (C) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『リスペクト』 (C) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『リスペクト』 (C) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『リスペクト』 (C) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved

アカデミー賞・グラミー賞W受賞のジェニファー・ハドソン主演で贈る音楽エンターテインメント大作『リスペクト』から、ジェニファーが演じた“ソウルの女王”アレサ・フランクリンがまとった60・70年代ファッションの衣装の秘密が明らかとなった。


>>『リスペクト』あらすじ&キャストはこちらから

映画デビュー作『ドリームガールズ』でアカデミー賞助演女優賞を受賞、歌手としてもグラミー賞を制したジェニファーが、その圧倒的な歌声と演技力で主演を務める本作。今回の映画化にあたっては、“ソウルの女王”アレサ・フランクリン本人が生前にジェニファーを指名し、この運命的なキャスティングが実現した。

まず、プロダクションデザイナーのアイナ・メイヒューは、「50年代から70年代前半が舞台と知って、当時のデザインの転換点とスタイルを延々とリサーチしました」と語る。「アレサの幼少期の家を調べると、小さなモノクロ写真が1枚だけあったけれど、その家がどのような感じだったのかを読み取るのは困難でした。でも父親のオフィスの壁紙の質感はわかったので、それを再現するのは楽しかった。当時の雰囲気を感じてもらいつつも、色あせた感じにはしたくなかったけれど、家具については、骨組は見つかったものの、多くのものは朽ち果てていたから、当時使われていた素材を探してきて、すべて張り替えたりしました」と、当時のデザインとともに実際にアレサの生活をリサーチしたことを明かす。

また、本編でのアレサの歌唱シーンを彩る大胆でドラマティックなステージ衣装は、ソウルの女王のストーリーを語る上で重要だ。アレサのアルバムカバー、パフォーマンス、そして公の場で見せる姿は、当時最先端の流行を作り出していた。アレサの外見は時と共に進化し、アーティストや著名人としての彼女自身の成長と発展を反映しているだけでなく、時代の表れでもある。

衣装デザイナーのクリント・ラモスは、「資料を読んで一人の女性としてのアレサを理解してから、見つけられる限りの彼女の画像を探しました。ジェニファーには、普段着から親密な場で着る物、そして華麗なコンサートドレスまで、およそ85着の衣装を用意しました。最も難しかったのは、人間国宝でもあるアーティストと一人の人間としての彼女の姿のバランスをとることでした」と、舞台に立つ人物であるとともに1人の女性としての部分を切り離さずに演出することだったと語る。

そして実際に本作で衣装を着こなしたジェニファーは、「なぜ彼女がこの衣装を着て女王になったのかがわかりました。衣装から彼女の人となり、個性を知ることができました。クリントのデザインは、それ自体がひとつのキャラクターのようでした」と称賛しており、役作りにおいても衣装が役に立っていたと語っている。

『リスペクト』は11月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top