マット・デイモン×ベン・アフレック、親友同士が火花を散らす騎士&主君に『最後の決闘裁判』

マット・デイモンとベン・アフレックが24年ぶりに脚本家としてタッグを組んだ『最後の決闘裁判』、劇中では因縁ある役柄で火花を散らしている。

映画 洋画ニュース
『最後の決闘裁判』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『最後の決闘裁判』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『最後の決闘裁判』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『最後の決闘裁判』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『最後の決闘裁判』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『最後の決闘裁判』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『最後の決闘裁判』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『最後の決闘裁判』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『最後の決闘裁判』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

マット・デイモンとベン・アフレックが24年ぶりに脚本家としてタッグを組んだ『最後の決闘裁判』。親友マットと因縁ある役柄で火花を散らすベン、2人の貴重な金髪姿をとらえた場面写真が到着した。


>>『最後の決闘裁判』あらすじ&キャストはこちらから

24年前、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』で本作同様に共同脚本を手掛け、第70回アカデミー賞脚本賞受賞を果たしたマットとベン。下積み時代を経て、長年の親友同士である2人は着実にスターとしての階段を駆け上がり、映画界にとってなくてはならない存在となって名を馳せてきた。

本作では、日本が誇る黒澤明監督の『羅生門』から影響を受け、親友同士の2人が24年ぶりに共同脚本に挑んだことも話題のひとつ。いまだ歴史家たち間で物議を醸すフランス最後の決闘裁判を、事件を告発した被害者マルグリット(ジョディ・カマー)、被害者マルグリットの夫カルージュ(マット・デイモン)、訴えられた容疑者ル・グリ(アダム・ドライバー)という登場人物3人の視点で、1つの事象を描く3部構成となっているのが最大の特徴。

マット演じる騎士カルージュの主君であり、王の従兄として絶大な権力を持つピエール伯を演じたのがベン。女好きで常にワインを手にし、アダム・ドライバー演じるお気に入りの従騎士、ル・グリを依怙贔屓。カルージュが得るはずだった土地の所有権をル・グリへの報酬として贈呈したり、カルージュが父から受け継ぐはずだった長官職をもル・グリに任命してしまうという横暴ぶりで、カルージュとは常に因縁を抱える役どころとなった。

そんなピエール伯に対し、マット演じるカルージュは、戦場における勇気と技量で他者から尊敬されてきたものの、頑固で無骨な軍人気質で、軽薄なピエール伯とは反りが合わない。ル・グリに肩入れするピエール伯に怒り心頭で、騎士として主君に忠誠を誓いながら、あまりの処遇に王宮へ直談判するほどの仲違いを起こしてしまう。現実世界では同じ夢に向かって切磋琢磨してきた親友同士でありながら、劇中では熾烈な火花を散らす関係性になっている点に注目。

さらに本作では、マットとベンの2人とも金髪姿となっており、ヴェネチア国際映画祭では、ベンが自身の金髪姿に対し「僕はブロンドのカツラをかぶりました(笑)」とコメントし、笑いを誘うひと幕もあった。

『最後の決闘裁判』は10月15日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top