田中泯の踊りと旅に出る、1月28日公開『名付けようのない踊り』予告到着

犬童一心監督が世界的なダンサー・田中泯の踊りと生き様を追う映画『名付けようのない踊り』より、予告編が到着した。

映画 邦画ニュース
『名付けようのない踊り』(C)2021「名付けようのない踊り」製作委員会
  • 『名付けようのない踊り』(C)2021「名付けようのない踊り」製作委員会
  • 『名付けようのない踊り』(C)2021「名付けようのない踊り」製作委員会
  • 『名付けようのない踊り』(C)2021「名付けようのない踊り」製作委員会
  • 『名付けようのない踊り』(C)2021「名付けようのない踊り」製作委員会
  • 『名付けようのない踊り』(C)2021「名付けようのない踊り」製作委員会

犬童一心監督が世界的なダンサー・田中泯の踊りと生き様を追う映画『名付けようのない踊り』より、予告編が到着した。


>>『名付けようのない踊り』あらすじ&キャストはこちらから

女優・田中裕子のナレーションで進められる本映像。田中さんがオイルを全身に纏いながら踊るシーンから始まり、サンタクルス、東京、パリ、福島と、“田中泯の踊りと旅に出る高揚感”に浸ることができる。

踊りの<はざま>には、43年前のパリ秋芸術祭で衝撃の海外デビューを果たした当時の写真や、世界をどよめかせた裸体での踊り、山村浩二のアニメーションで描かれた子ども時代の記憶が現れ、彼の人生をふり返る。

またラストには、力強い視線と共に、本作を一足先に鑑賞した役所広司の「圧倒的な存在感の秘密が、この映画を観て少しだけ見えたような気がする」という言葉も映し出される。

『名付けようのない踊り』予告編

役所さんのほかにも、「『生きる事はまだまだ面白くなる』と、この映画に映る泯さんに教えてもらった気がします」(岡山天音)、「田中泯。彼の表現と姿。その生き方すべてがアートなのだ―映画『たそがれ清兵衛』での出会いの時から、ぼくはそう思っている」(山田洋次監督)など、多くの著名人からコメントが寄せられた。

『名付けようのない踊り』は2022年1月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿バルト9、Bunkamura ル・シネマほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top