『ジョン・ウィック』前日譚ドラマで主人公のウィンストンを演じる俳優がコリン・ウッデルに決定

米テレビ局「Starz」で企画進行中の『ジョン・ウィック』の前日譚ドラマ「The Continental」の主演俳優が決定した。

最新ニュース ゴシップ
コリン・ウッデル Photo by Morgan Lieberman/FilmMagic
  • コリン・ウッデル Photo by Morgan Lieberman/FilmMagic
  • コリン・ウッデル Photo by Amy Sussman/Getty Images
  • イアン・マクシェーン Photo by Kevin Winter/Getty Images
  • イアン・マクシェーン、キアヌ・リーブス Photo by Kevin Winter/Getty Images

米テレビ局「Starz」で企画進行中の『ジョン・ウィック』の前日譚ドラマ「The Continental」の主演俳優が決定した。

今作は、映画シリーズではイアン・マクシェーンが演じているウィンストンが主人公となり、彼の若き頃に焦点を当てる。

イアン・マクシェーン、キアヌ・リーブス Photo by Kevin Winter/Getty Images

その若きウィンストンを演じる俳優に、「フライト・アテンダント」に出演中のコリン・ウッデルに決まったことが明らかになった。「Variety」誌が報じた。コリンのその他の出演作にはドラマ版「パージ」や「オリジナルズ」などがある。

コリン・ウッデル Photo by Amy Sussman/Getty Images

コリンのほか、つい先日、メル・ギブソンがコーマックという新しいキャラクターで同作に出演することが報じられた。

「The Continental」は現在のところ、3話構成であることが伝えられている。舞台は1975年のニューヨークで、殺し屋御用達の「コンティネンタル・ホテル」の起源が描かれる。製作総指揮、ショーランナー、脚本を担当するのはグレッグ・クーリッジ(『ライド・アロング ~相棒見習い~』)とカーク・ウォード(ドラマ版「エクスペンダブルズ」)。『ジョン・ウィック』の製作陣のチャド・スタエルスキ、デヴィッド・リーチ、デレク・コルスタッドや、『デッドプール』の脚本家コンビのポール・ワーニック&レット・リースらも製作総指揮に名を連ねる。

《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top