アナ・デ・アルマス、『ジョン・ウィック』スピンオフ映画に出演交渉中

現在日本で公開中の『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』に出演しているアナ・デ・アルマスが、再びアクション映画への出演を検討しているようだ。

最新ニュース ゴシップ
アナ・デ・アルマス Photo by Jeff Spicer/Getty Images for EON Productions, Metro-Goldwyn-Mayer Studios, and Universal Pictures
  • アナ・デ・アルマス Photo by Jeff Spicer/Getty Images for EON Productions, Metro-Goldwyn-Mayer Studios, and Universal Pictures
  • アナ・デ・アルマス Photo by Gareth Cattermole/Getty Images for BFI
  • アナ・デ・アルマス Photo by Gustavo Caballero/Getty Images

現在日本で公開中の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に出演しているアナ・デ・アルマスが、再びアクション映画への出演を検討しているようだ。『ジョン・ウィック』シリーズのスピンオフ映画『Ballerina』(原題)の主人公として出演交渉中だという。「Deadline」が報じた。

『Ballerina』は、家族を殺された若い女暗殺者が敵に復讐するという物語で、『アンダーワールド』のレン・ワイズマン監督がメガホンを取ると伝えられている。脚本は『ジョン・ウィック:パラベラム』の脚本家のひとりのシェイ・ハッテン。

アナは2019年の『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』でゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。ここ数年、大作への出演オファーがひっきりなしだ。今後もNetflixが同社史上最高額の製作費(2億ドル)をかけて製作した『The Gray Man』(原題)、アナがマリリン・モンローを演じる伝記映画『Blonde』(原題)など、多数の作品が控えている。

Photo by Gareth Cattermole/Getty Images for BFI

映画ファンの反応は「『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』のアクションのキレがあってとてもかっこよかったから、楽しみ」「彼女にふさわしい役」「きっと出演してくれるよね?」「アナが出演する作品は全部観る」など期待の声が多く集まっている。

《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top