芳根京子“瑞穂”に「もう犯人にしか見えない」疑惑深まる、桜井ユキ“朋子”の押し入れの中身にも視聴者注目…「真犯人フラグ」4話

西島秀俊が主演し、企画・原案を秋元康が手がける「真犯人フラグ」の4話が11月7日オンエア。今回は芳根京子演じる瑞穂に疑惑の声が上がる一方で、生駒里奈演じる陽香の“協力者”と、桜井ユキ演じる朋子の“押し入れの中身”に対する考察も過熱している。

最新ニュース スクープ
「真犯人フラグ」第4話(C)NTV
  • 「真犯人フラグ」第4話(C)NTV
  • 「真犯人フラグ」第4話(C)NTV
  • 「真犯人フラグ」第4話(C)NTV
  • 「真犯人フラグ」第4話(C)NTV
  • 「真犯人フラグ」第4話(C)NTV

西島秀俊が主演し、企画・原案を秋元康が手がける「真犯人フラグ」の4話が11月7日オンエア。今回は芳根京子演じる瑞穂に疑惑の声が上がる一方で、生駒里奈演じる陽香の“協力者”と、桜井ユキ演じる朋子の“押し入れの中身”に対する考察も過熱している。

建築中のマイホームの完成を心待ちにしていた主人公の妻子が突如失踪。さらにSNS投稿がきっかけで“悲劇の夫”から“疑惑の夫”となり、社会的に追い詰められられていく…という展開の本作。

妻と子供たちが失踪する相良凌介を西島さんが演じ、追い込まれた凌介を時に優しく、時に厳しく励ましていく二宮瑞穂に芳根京子。凌介の妻・真帆のママ友で、凌介の自宅に押しかけがちな菱田朋子に桜井さん。

凌介の娘・光莉の彼氏だという橘一星に佐野勇斗。凌介の友人で週刊誌「週刊追求」編集長をしている河村俊夫に田中哲司。YouTuber・ぷろびんこと徳竹肇に柄本時生。凌介の上司・太田黒芳春に正名僕蔵。1話で凌介に接触する葬儀屋勤務の“謎の女”本木陽香に生駒さん。失踪した妻の真帆には宮沢りえ。娘の光莉に原菜乃華。息子の篤斗に小林優仁。そのほか渋川清彦、吉田健悟、平田敦子、坂東龍汰、深水元基らも出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

凌介が真帆の保険金の受取人になっていることがネットで拡散され、光莉と篤斗にも生命保険をかけていたというデマが広がる。亀田運輸には苦情電話がこれまで以上に殺到、凌介は支社長に呼び出され記者会見するよう告げられる。

また警察の捜査で、光莉のスマホと真帆の指輪が発見された現場で犯人のものらしき足跡が見つかる。凌介の動画を上げ続けるぷろびんのYouTubeチャンネルはBANされるが、何者かが亀田運輸に冷凍遺体が届いたことを情報提供、ぷろびんは告発動画を作って復活しようと企む。

凌介は瑞穂と一緒に会見の練習を行う。そして記者会見当日、凌介は報道陣からの質問に丁寧に答えていくが、記者から不倫疑惑について質問される。凌介の知らないところで、駅のホームで凌介と陽香がぶつかった様子を撮影した画像がSNSにアップされていた。さらに冷凍遺体についても質問が及ぶ…というのが今回のストーリー。

クレーム電話で精神的に疲弊した女性社員をなだめ、凌介の記者会見に備え、記者役となって練習に付き合い、時には「課長と一生添い遂げる」など、凌介を翻弄するような言動も見せる…。

今回は「協力的すぎて怪しいよね なんか気持ち悪いというか違和感を感じる」「もう犯人にしか見えない」「真犯人であって欲しくない気持ちと真犯人で驚かせてほしいという気持ちが自分の中でせめぎ合ってる」など、瑞穂に対し疑惑の声が。

また生駒さん演じる陽香に対しても「犯人はやっぱり真帆さん(奥さん)かな?生駒ちゃんが協力者な気がする」「生駒ちゃんと芳根ちゃんが実はグルで黒幕だったってオチじゃないかな」など様々な考察が。陽香が誰の協力者なのかについても注目が集まる。

そして真帆と子供たちがいなくなった相良家に現れ、強引に料理を始めるなど“押しかけ女房”化している朋子だが、押し入れに何か隠している様子。「菱田さん!ただのママ友のわけがないと思ってた!」「ヤバい女の雰囲気ある菱田さんにどんどん惹かれてる」などの声とともに「息子くんが見たのは、三人につながるものではなく彼の父親の遺体 彼女の旦那さんだと思ってます」「相良凌介の家の盗撮カメラでしょうが菱田は真犯人では無いでしょうね」など、SNSでは押し入れに隠している“何か”についての考察も過熱中だ。

《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top