エディ・レッドメイン、『リリーのすべて』でトランスジェンダー女性を演じたことは「間違いだった」

2016年に主演作『リリーのすべて』の演技が高い評価を受け、アカデミー主演男優賞にノミネートされたエディ・レッドメイン。

最新ニュース ゴシップ
エディ・レッドメイン Photo by Dia Dipasupil/Getty Images
  • エディ・レッドメイン Photo by Dia Dipasupil/Getty Images
  • エディ・レッドメイン-(C)Getty Images
  • エディ・レッドメイン-(C)Getty Images

2016年に主演作『リリーのすべて』の演技が高い評価を受け、アカデミー主演男優賞にノミネートされたエディ・レッドメイン。同作で、エディは世界で初めて性適合手術を受けたトランスジェンダー女性の一人であり、実在した人物リリー・エルベを演じた。シスジェンダー(ジェンダー・アイデンティティと出生時に割り当てられた性が一致する人)でありヘテロセクシャルのエディが、トランスジェンダーのリリーを演じることは、当時から一部で批判が上がっていた。これに対して、エディは現在の心境を「サンデー・タイムズ」紙に次のように語っている。

「いまだったら、あの役を引き受けることはしないでしょう。私はあの映画を、誠心誠意を尽くして作りましたが、間違いだったと感じています」。

『リリーのすべて』が製作される前年、エディは『博士と彼女のセオリー』でアカデミー主演男優賞を受賞していた。それはエディが演技派の俳優であることを証明し、『リリーのすべて』のオファーがきた理由の多くを占めている。同作はその何年も前から映画化の企画が立ち上がっていたが、エディが主演に起用されるまで具体的な動きがなかった。そのため、エディの貢献は大きいという声もある。

しかし、エディは「キャスティングにまつわるフラストレーションについて大きな議論になるのは、ほとんどの人が声を聞いてもらえる立場にないからです。平準化が必要です。そうでなければ、私たちはこの議論を続けることになるでしょう」と、より多様な声を聞き、彼らの物語を伝える必要性を説いた。


【更新】11月24日10:15 シスジェンダーの説明内容を一部訂正しました。
《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top