幸せな日々に綻び見えるも夢のため動き出す『GAGARINE/ガガーリン』予告映像&ポスター

第73回カンヌ国際映画祭の<オフィシャルセレクション>初監督作部門に選出、デビュー作にも関わらず第93回米アカデミー賞国際長編映画賞フランス代表の最終選考まで突破したエモーショナルな青春映画『GAGARINE/ガガーリン』より、日本版予告映像とポスターが解禁された。

映画 洋画ニュース

第73回カンヌ国際映画祭の<オフィシャルセレクション>初監督作部門に選出、デビュー作にも関わらず第93回米アカデミー賞国際長編映画賞フランス代表の最終選考まで突破したエモーショナルな青春映画『GAGARINE/ガガーリン』より、日本版予告映像とポスターが解禁された。


>>『GAGARINE/ガガーリン』あらすじ&キャストはこちら

この度解禁された予告編は、パリ郊外にあるガガーリン団地での何気ない日常を捉えるシーンから始まる。広場で仲間達と踊ったり、皆既月食を楽しんだり、と青春を送るユーリ。ガガーリン団地には、彼にとっての青春が詰まっている。しかし時は経ち、建物の老朽化のためにガガーリン団地は解体が決定。同時にそれまでの幸せな日々に、少しずつ綻びが見え始める。

そんな中、予告編では「アメリカに行きたい」「自由で自分らしく入れる国だから」と想いを語る友人ディアナに「夢はある?」と問われたユーリが、自分の<夢>を実現するため、彼なりの方法で団地解体の阻止に向けて動き出す姿を捉えている。

またポスターは、宇宙飛行士を夢見るユーリが憧れの<月>を見上げる姿を描き出したもの。映画本編にも多用されている、朝と夜の間に一瞬だけ訪れるマジックアワーと呼ばれる幻想的な空の光を切り取ったようなグラデーションが美しいビジュアルになっている。

『GAGARINE/ガガーリン』は2022年2月25日(金)より新宿ピカデリー、HTC有楽町ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top