グリーン・ゴブリン役はウィレム・デフォー!『スパイダーマン』最新作ヴィランポスター解禁

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』から、グリーン・ゴブリン、ドック・オク、エレクトロのヴィラン・キャラクターポスターが解禁。グリーン・ゴブリン役をウィレム・デフォー、エレクトロ役をジェイミー・フォックスが演じることに

映画 洋画ニュース

トム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。ドクター・ストレンジによってマルチバースの扉が開かれることが判明している本作から、『スパイダーマン』(2002)に登場したグリーン・ゴブリン、『スパイダーマン2』(2004)に登場したドック・オク、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)に登場したエレクトロの3種のヴィラン・キャラクターポスターが解禁。

同時に、本作でもグリーン・ゴブリン役をウィレム・デフォー、エレクトロ役をジェイミー・フォックスが演じることが発表された。


>>『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あらすじ&キャストはこちらから

本作の第1弾予告編は、公開後24時間の視聴数が全世界で3億5550万回を記録し、これまでの映画作品の中で最も視聴された予告編に。さらに、先日解禁された最新版の予告映像も瞬く間に世界中のトレンドを席巻し、アメリカでは前売り券の発売初日成績が『アベンジャーズ/エンドゲーム』超えとなるなど、ますます期待が高まっている。

『スパイダーマン』シリーズの過去作に登場したヴィランたちが集結することが大きな話題となっている本作。今回解禁となったヴィラン・キャラクターポスターにはすべて、スパイダーマンの後ろ姿が映りこんでおり、彼らが次元を超えたバトルを繰り広げるのか、それとも違う展開を見せるのか。

また、先に発表されているドック・オクを演じるアルフレッド・モリーナと合わせて、グリーン・ゴブリン役をウィレム・デフォー、エレクトロ役をジェイミー・フォックスと、当時の俳優たちによってヴィランが再び蘇ることに。

本作にはほかにも、『スパイダーマン3』(2007)に登場したサンドマン、『アメイジング・スパイダーマン』(2012)に登場したリザードが登場することも明らかとなっている。

ついにマルチバースの扉が開いたことにより“彼らの存在がこのユニバースを危うくする”として、ストレンジが彼らを元のユニバースに戻すべくピーター、MJ、親友のネッドの3人に危険を訴えるが、その後さらなる混乱が引き起こされようとする。複数のユニバースを同時に生き始めたピーターの「僕の責任だ。全員は救えない」という台詞の果てに彼が下す選択は見逃せない。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top