『ヴェノム』最新作、前作超えの記録で動員&興収とも週末ランキング初登場1位

トム・ハーディ主演『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が12月3日(金)より公開され、前作を超える大ヒットスタートを記録、動員・興行収入ともに週末ランキング初登場1位に輝いた。

映画 洋画ニュース
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
  • 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
  • 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
  • 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(C)2021 CTMG. (C) & TM2021 MARVEL. All Rights Reserved.
  • 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
  • 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

トム・ハーディ主演『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が12月3日(金)より公開され、前作を超える大ヒットスタートを記録、動員・興行収入ともに週末ランキング初登場1位に輝いた。


>>『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』あらすじ&キャストはこちらから

本作では、凶悪ヴィラン・カーネイジが登場。連続殺人鬼クレタスの狂気を取り込んで覚醒したカーネイジの残虐性は計り知れない。世界を混乱に陥れ、その狂気がヴェノムに襲い掛かる。

そんな本作は、土日2日間12月4日(土)~12月5日(日)の興行成績で動員:30万2,443人、興行収入:4億5560万円を記録。公開3日間12月3日(金)~12月5日(日)の累計興行成績では、累計動員:41万5,583人、累計興行収入6億2389万2,560円を記録。

2018年公開の前作『ヴェノム』(累計興行収入21.9億円)の公開3日間対比で約105%という、前作超えの大ヒットスタートとなった。

映画館には、若年層から大人まで幅広い客層が多く賑わった。公開当日12月3日(金)にはTwitterの日本トレンドに長時間「ヴェノム」のワードがトレンドインし続けるなど、SNS上での注目度の高さもうかがえた。

ヴェノムとエディの前に立ちはだかる凶悪な敵・カーネイジとの死闘、前作から続投の諏訪部順一中村獅童に加えて、今回から参戦する片岡愛之助をはじめとする豪華な声優陣の日本語吹替版、そしてヴェノムとエディの関係性がどうなるのかと話題になっていた本作には、「今作もヴェノムがとても可愛いかった」「ヴェノム超面白かった一瞬やった」「来年のスパイダーマンが余計楽しみになった。」「これはエディとヴェノムのラブコメ」「ヴェノムがどんどん可愛くなっていく…」とストーリーだけでなく、前作以上にヴェノムのキャラクターに魅せられたという声が寄せられ、“ヴェノム可愛い”旋風が巻き起こっている。

そして、この大ヒットを記念して“俺たち”の底力を見せつける本編映像が解禁。「悪人以外食べてはいけない」という条件で、主人公エディ・ブロック(VC:諏訪部順一)の体に寄生し、彼と共同生活を送る地球外生命体<シンビオート>のヴェノム(VC:中村獅童)が、食事の制限を強いられストレスも限界に!

家を飛び出し、「“俺たち”にどんなすごいことができるか見せてやる!」「”俺たち”は持てる力を無駄にしてる」とエディに見せつけるかのようにぼやき、夜の街を駆け抜ける中、“悪人”を発見。女性の鞄を盗もうとするひったくりを“悪人”認定し、久しぶりに人間を食べられるとウキウキなヴェノムはハイテンションに。悪人を食べようとするヴェノムだが、結局エディから食べてはいけないとストップをかけられてしまう、という本作の魅力がうかがえるシーンとなっている。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top