お馴染みのガジェット&ゴーストがお披露目『ゴーストバスターズ/アフターライフ』場面写真

80年代カルチャーをけん引する伝説のSFアクション『ゴーストバスターズ』シリーズの正統続編となる『ゴーストバスターズ/アフターライフ』より、場面写真が解禁された。

映画 洋画ニュース
『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
  • 『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
  • 『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
  • 『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
  • 『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
  • 『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
  • 『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
  • 『ゴーストバスターズ/アフターライフ』

80年代カルチャーをけん引する伝説のSFアクション『ゴーストバスターズ』シリーズの正統続編となる『ゴーストバスターズ/アフターライフ』より、場面写真が解禁された。


>>『ゴーストバスターズ/アフターライフ』あらすじ&キャストはこちら

本作でゴースト退治の“必須アイテム”となるのは、元祖ゴーストバスターズがN.Y.の街中を走り回った“ゴーストマーク”入りのキャデラック<ECTO-1(エクトワン)>と、ゴースト捕獲装置プロトンパックで捕まえたゴーストを閉じ込めておける<ゴーストトラップ>だ。

この度解禁された場面写真には、ECTO-1の前に主人公フィービーとフィービーの兄トレヴァー、フィービーのクラスメイトで一緒にゴースト退治をすることになるポッドキャストの姿や、フィービーの学校の先生で、ポール・ラッド演じるグルーバーソン先生がゴーストトラップを手にする姿がある。

さらにぷにぷにキュートな“ミニ・マシュマロマン”と、金属を好んで食べる6本足の緑色のゴースト“マンチャー”の愛らしい姿もお披露目。ミニ・マシュマロマンのひとりがクッキーとチョコレートの間に挟まりバーナーで焼かれるという自虐的でシュールな姿や、マンチャーがプロトンビームで捕まってしまう姿も捉えられている。

どちらも『ゴーストバスターズ』らしいお馴染みのゴーストだが、オリジナル版を手掛けたアイヴァン・ライトマン監督は「ゴーストの中で一番お気に入りなのはマンチャーなんだ。ゴーストで重要なのは、恐ろしさとユーモアを兼ね備えていること。『ゴーストバスターズ』で巨大なマシュマロマンが悪さをしても、みんな笑っていたよね。そうしたスピリットを息子のジェイソンはしっかりと捉えつつ、新しいものを生み出しているよ」と太鼓判。30年の時を越え、父から息子へとメガホンが引き継がれた『ゴーストバスターズ』シリーズの正統続編となる本作に、ますます期待が高まる。

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は2022年2月4日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top