“バタコ”を演じた香里奈に「狂った演技最高」の声、西島秀俊“凌介”に疑惑高まり考察が過熱中…「真犯人フラグ」10話

西島秀俊主演、企画・原案を秋元康が手がける「真犯人フラグ」の第1部最終回となる10話が12月19日オンエア。今週もバタコを演じる香里奈に「狂った演技最高」などの声が上がるとともに、意識が戻った篤斗が指差した“真犯人”にSNSでの考察が過熱している。

最新ニュース スクープ
「真犯人フラグ」第10話(C)NTV
  • 「真犯人フラグ」第10話(C)NTV
  • 「真犯人フラグ」第10話(C)NTV
  • 「真犯人フラグ」第10話(C)NTV
  • 「真犯人フラグ」第10話(C)NTV

西島秀俊主演、企画・原案を秋元康が手がける「真犯人フラグ」の第1部最終回となる10話が12月19日オンエア。今週もバタコを演じる香里奈に「狂った演技最高」などの声が上がるとともに、意識が戻った篤斗が指差した“真犯人”にSNSでの考察が過熱している。

中堅運送会社・亀田運輸に勤務、建築中のマイホームの完成を心待ちにしているなか妻と2人の子どもが失踪。当初は“悲劇の夫”だったがじき“疑惑の夫”としてマスコミやYouTuberに追われる身に。その後失踪した妻に不倫疑惑が発覚、前回のラストでは息子の篤斗が“冷凍便”で送られてきた相良凌介を西島さんが演じる本作。

共演には凌介の同僚でクレーム処理を迅速にこなす二宮瑞穂に芳根京子。凌介の娘・光莉と交際しているITベンチャー起業家の橘一星に佐野勇斗。凌介の友人で週刊誌「週刊追求」編集長の河村俊夫に田中哲司。

凌介の妻・真帆と不倫しており、警察から逃走中の住宅メーカー営業マン・林洋一に深水元基。真帆のママ友で合鍵で凌介の自宅に勝手に出入りする菱田朋子に桜井ユキ。篤斗のサッカー教室のコーチをしており、菱田とも関係がある山田元哉に柿澤勇人。人望ゼロな凌介の上司で、幸せな家庭を持つ凌介に嫉妬しがちの太田黒芳春に正名僕蔵。亀田運輸で配送を担当してる凌介を快く思わない様子の望月鼓太朗には坂東龍汰。葬儀屋勤務で謎の行動をみせる本木陽香に生駒里奈。凌介の事件を追うYouTuber・ぷろびんこと徳竹肇に柄本時生。凌介への復讐心を抱いている様子の“バタコさん”こと木幡由実に香里奈。

事件を担当する刑事の阿久津浩二に渋川清彦。阿久津とペアを組む落合和哉には吉田健悟。凌介の妻・真帆に宮沢りえ。息子・篤斗には小林優仁ほか多数のキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

林は恋人・等々力茉莉奈(林田岬優)に匿われていたが、人気のない工場でくちびるを重ねる2人の姿を上から見つめる黒ずくめの姿が…それは葬儀屋の陽香だった。以前茉莉奈をスカウトするふりをしてバッグに発信機を仕込み、工場まで追ってきた陽香に「葬儀屋は、、、忍者か!」「本木やっぱ警察関係?探偵?」「生駒ちゃんは何がしたいんだろう探偵か何か?」といった反応が。

一方、亀田運輸のクレーマーとして登場。前回のラストでは中村充(前野朋哉)を殴り殺して埋め、視聴者を恐怖に陥れた“バタコさん”こと木幡由実だが、今回も部屋で吹き矢を研ぎ、風船を狙って練習を重ね、凌介のいる病院を訪れる…という動きをみせる。特にその狂気的な目に「バタコさん目いっちゃっててまじでこわい」「香里奈の狂った演技すげえ」「香里奈さんの狂った演技最高」などの声が続出。

そして意識を取り戻した篤斗が警察の事情聴取を受けることに。すると聴取の噂を聞きつけマスコミが病院前に集まる。病院の職員に求められマスコミ対応をしている間に、阿久津は相良家と林が写っている写真を篤斗に見せ、このなかに犯人はいるかと問いかける。篤斗が指差したのはなんと凌介! というラストだった。

このラストにSNS上では「は???????二重人格説????」「えー!パパは二重人格!?」といった反応とともに「パパって言えって言われたのかね」「監禁されて洗脳されたと考えるのが筋」「一気に真帆黒幕説は高まったと思う」といった声も上がり、来年1月からの後半戦へ向けてSNS上では考察も過熱中だ。

《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top