ロバート・パティンソンが演じるバットマンは故カート・コバーンがモデル 監督が明かす

マット・リーヴス監督が、『THE BAMAN-ザ・バットマン-』(以下、『ザ・バットマン』)でロバート・パティンソンが演じるバットマンについて、故カート・コバーンにインスパイアされて書いたと「Empire」誌に語った。

最新ニュース ゴシップ
ロバート・パティンソン Photo by David Livingston/Getty Images
  • ロバート・パティンソン Photo by David Livingston/Getty Images
  • 『バットマン』撮影現場の様子 Photo by Colin McPherson/Getty Images
  • 『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『THE BATMAN-ザ・バットマンー』 (C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

マット・リーヴス監督が、『THE BAMAN-ザ・バットマン-』(以下、『ザ・バットマン』)でロバート・パティンソンが演じるバットマンについて、故カート・コバーンにインスパイアされて書いたと「Empire」誌に語った。リーヴス監督は、ピーター・クレイグと共同で脚本を手掛けている。

「私は脚本を書くときは、音楽を聴いています。(『ザ・バットマン』の)最初の部分を書いているとき、ニルヴァーナの『Something In The Way』を聴いていたんです」とカートが1991年に書いた1曲を挙げた。この曲は『ザ・バットマン』の予告編にも使われている。

「その音楽を聴いていたとき、私たちがこれまで見てきたプレイボーイタイプのブルース・ウェイン(バットマン)ではなく、大きな悲劇を経験して世捨て人になったという別のタイプのブルースを描いたらどうかと思いました。それで、ガス・ヴァン・サント監督の『ラストデイズ』にも結びつきがある、腐敗した社会に存在するフィクション化されたカート・コバーン版(のブルース)の構想を立て始めました」と語っている。『ラストデイズ』はカートをモデルとして、伝説のアーティストの最期の2日間を描いた作品。

リーヴス監督は、カートがモデルのバットマンをロバートが演じることに、「ロックスターのように見えながらも世捨て人にも見える」として適役だと思ったという。

《Hiromi Kaku》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top