謎に包まれた新ドラマ「ボバ・フェット」現時点で唯一語れる真実とは?

「スター・ウォーズ」史上最強の賞金稼ぎを描く「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」について唯一語れることを、ボバ役テムエラ・モリソンが明かした。

海外ドラマ スクープ
「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」 (C)2021 Lucasfilm Ltd.
  • 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」 (C)2021 Lucasfilm Ltd.
  • 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(C)2021 Lucasfilm Ltd.ディズニープラスで配信中
  • 『マンダロリアン』シーズン2(C)2021 Lucasfilm Ltd.ディズニープラスで配信中
  • 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」 (C)2021 Lucasfilm Ltd.
  • 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」(C)2021 Lucasfilm Ltd.

「マンダロリアン」にも登場した、「スター・ウォーズ」史上最強の賞金稼ぎを描く「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」が、Disney+(ディズニープラス)にて12月29日(水)17時よりで日米同時配信開始。本作について現時点で明かされている情報はほとんどなく、いまだ謎のベールに包まれている。

だが、唯一判明しているのが、死んだと思われていたボバ・フェットの過去が描かれること。ボバ役を演じたテムエラ・モリソンは「本作について何も言えないが、今こそボバ・フェットについて知るべきときなんだ。ファンが望む素敵なことがたくさん描かれている」と自信を見せている。

本作の主人公である賞金稼ぎのボバ・フェットは、映画シリーズでは『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『エピソード6/ジェダイの帰還』に登場。ごくわずかな出演時間にも関わらず、ダース・ベイダーと対等に話す姿は衝撃を与え、世界中のファンの心を鷲掴みにし、人気が爆発した伝説のキャラクターだ。しかし『ジェダイの帰還』でタトゥイーンの砂漠にいる人喰いクリーチャー、サルラックに飲み込まれてしまい、その後映画シリーズに登場することはなく、ファンからは死んだと思われていた。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』 (C)2021 Lucasfilm Ltd. ディズニープラスで配信中

そんなボバだが、「マンダロリアン」で再び登場し、実は生きていたことが判明する。本作ではボバ・フェットがどうやって生き延びたのか、その真実と、タトゥイーンの闇の世界の支配者としてのし上がっていく姿が描かれるのだ。

『エピソード2/クローンの攻撃』でボバ・フェットの父親ジャンゴ・フェットを演じ、親子2代を演じることになるテムエラ・モリソンは、「あまり多くは言えないけど、『帝国の逆襲』以降の彼の過去や居場所についてわかるんだ。彼はある一つの場所に留まっていて、今こそ実際に時間をさかのぼり、彼の旅を確認して、彼についてもっと知る時なんだ。『マンダロリアン』に再登場したことで、世界中から期待が高まっているのだと思う。でも、気分はいいよ、いい仕事ができたと思っている」と本作への自信を語る。本作では、これまで明かされなかったボバ・フェットの秘密が描かれるようだ。

「マンダロリアン」シーズン2 (C)2021 Lucasfilm Ltd. ディズニープラスで配信中

さらに、「マンダロリアン」でボバ・フェットが登場するエピソードを監督し、本作でも再び監督を務めるロバート・ロドリゲスは、「沈黙を誓っているから何も言えないけど、ただ、観る人の心を揺さぶることになるだろうとは言える。『マンダロリアン』のエピソードで彼が登場するのを見たと思うけど、期待以上のものになると分かっている。これを観た人は、とても興奮するだろうね」とファンの期待を上回る内容であることを自信たっぷりに語っている。

「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」は12月29日(水)17時よりディズニープラスにて独占配信開始。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top