芦田愛菜主演「エンディングカット」制作開始、佐藤隆太&広末涼子が両親役

芦田愛菜主演ドラマ「エンディングカット」の制作がスタート。

最新ニュース スクープ
芦田愛菜
  • 芦田愛菜
  • 広末涼子
  • 佐藤隆太

芦田愛菜主演ドラマ「エンディングカット」の制作がスタート。1月初旬まで都内・関東近郊にて収録が予定されており、3月に放送となる。

タイトルの“エンディングカット”とは、納棺師の技術を持つ理美容師が、遺族の声に耳を傾けながら、故人の髪をセットすること。慌ただしい葬儀の作業に追われる遺族にとって、約2時間のエンディングカットは、故人との最期の別れの時間を生み出す。

本作は、2019年に「FMシアター」で放送し、令和元年度文化庁芸術祭ラジオ部門大賞を受賞。再び芦田さんを主演に据え、TVドラマ化する。

芦田さんが演じるのは、美大への進学を目指す高校3年生の迫田結。思い悩む中、美容師の父が、エンディングカットという仕事を始めたことを知る…。

美容室を経営している結の両親役には、佐藤隆太広末涼子。結が通う画塾の講師で尊敬する那須薫をマイコが演じるほか、鶴見辰吾が本作に出演している。

▼あらすじ
迫田結は、海辺の町に住む高校3年生。父・和俊と母・七海は美容師で、夫婦で小さな美容室を経営している。小さい頃から絵を描くのが好きだった結は、美大への進学を目指し街の画塾に通っている。推薦入試を間近に控えた結は、ひと夏かけて一枚の絵を描き上げたものの、画塾の講師で尊敬する那須薫に何か足りないと指摘される。自分に足りないものは何かと思い悩む中、結には一つ気がかりなことがあった。

最近、和俊の様子がおかしい。店を七海にまかせきりで、自分は出張カットの仕事ばかりをやっているのだ。ある日、結は画塾に向かう途中、喪服を着てワンボックスカーに乗り込む和俊の姿を目撃。不審に思った結は和俊の後を追いかける。

たどり着いた先は葬儀場だった。出てきた和俊を結が問い詰めると、納棺するご遺体の髪を切る「エンディングカット」という仕事を始めたことを打ち明ける。

「エンディングカット」は2022年3月19日(土)21時~NHK総合にて放送。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top