記憶喪失の男が心に宿した本当の思いとは『林檎とポラロイド』予告篇&場面写真

第77回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門オープニング作品として選出されたクリストス・ニク監督のデビュー作『林檎とポラロイド』より、予告篇と場面写真が解禁された。

映画 洋画ニュース
『林檎とポラロイド』(C)2020 Boo Productions and Lava Films
  • 『林檎とポラロイド』(C)2020 Boo Productions and Lava Films
  • 『林檎とポラロイド』(C)2020 Boo Productions and Lava Films
  • 『林檎とポラロイド』(C)2020 Boo Productions and Lava Films
  • 『林檎とポラロイド』(C)2020 Boo Productions and Lava Films
  • 『林檎とポラロイド』(C)2020 Boo Productions and Lava Films
  • 『林檎とポラロイド』(C)2020 Boo Productions and Lava Films
  • 『林檎とポラロイド』(C)2020 Boo Productions and Lava Films
  • 『林檎とポラロイド』(C)2020 Boo Productions and Lava Films

第77回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門オープニング作品として選出されたクリストス・ニク監督のデビュー作『林檎とポラロイド』より、予告篇と場面写真が解禁された。


>>『林檎とポラロイド』あらすじ&キャストはこちら

記憶喪失の主人公が治療を通して心に宿した本当の思いを見つめ直していく本作。監督を務めるのは、リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)や、ヨルゴス・ランティモス(『女王陛下のお気に入り』)の助監督を務めていたクリストス・ニク。次回作はケイト・ブランシェットプロデュース、キャリー・マリガン主演で製作が決定しており、2作目にして早くもハリウッド・デビューを果たす注目監督の1人だ。

この度解禁された予告篇は、冒頭から「私は映画界の新なる才能にふれ、喜びを感じました」というケイト・ブランシェットの賛辞ではじまる。記憶をなくす奇病が蔓延した世の中で、主人公の男は病院から薦められた「新しい自分」プログラムに参加することになり、「自転車に乗る」「ホラー映画を見る」「仮装パーティで友達を作る」など日々与えられたミッションをこなす。しかし、男が同じ治療を受ける仲間と出会いお互いのことを話すうち、親族の迎えがなく身寄りのないことや、ある忘れられない事実が浮かび上がっていく。

冒頭のケイトの言葉で「哀しみの核を持ち、同時に心をくすぐられる映画」と形容された“哀しみの核”とは、一体なんなのか。「哀しい記憶だけ失うことはできませんか?」というキャッチコピーに乗せた、主人公の心の内にある、本当の思いとは――。

また同じく解禁された場面写真からは、宇宙服で挨拶する姿、ストリップで女に迫られ身を引く姿など、ミッションの数々が写し出される一方で、ご近所さんと犬に会う男、物思いにふけるような姿など、ひとりの男が出会うたくさんの出来事が見て取れる。クリストス・ニク監督のこだわりの詰まった世界観がうかがえる場面写真となっている。

『林檎とポラロイド』は3月11日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top