広瀬アリスが失恋に寄り添う…愛おしくて味わい深い、癒しの新グルメドラマ爆誕「失恋めし」

広瀬アリスと大九明子監督が贈る、ちょっぴりお腹が空く癒しの新感覚のグルメドラマが1月14日(金)より配信開始となる。

最新ニュース コラム
「失恋めし」ポスター (C)木丸みさき・KADOKAWA/ytv
  • 「失恋めし」ポスター (C)木丸みさき・KADOKAWA/ytv
  • 「失恋めし」(C)木丸みさき・KADOKAWA/ytv
  • 「失恋めし」(C)木丸みさき・KADOKAWA/ytv
  • 「失恋めし」(C)木丸みさき・KADOKAWA/ytv
  • 「失恋めし」(C)木丸みさき・KADOKAWA/ytv
  • 「失恋めし」失恋人キャスト (C)木丸みさき・KADOKAWA/ytv
  • 「失恋めし」(C)木丸みさき・KADOKAWA/ytv

「1つの恋がおわったとき、元気をくれたのは、あの味だったーー」。

そんなナレーションから始まる「失恋めし」は、主人公のイラストレーターがほろ苦い失恋エピソードをお供に実在の店の名物料理を食べ歩き、漫画にしたためる新感覚のグルメドラマ。“コメディエンヌ”としても定評のある広瀬アリスが主演を務め、映画『勝手にふるえてろ』『私をくいとめて』などの大九明子が全10話を監督。個性豊かな人間たちがささやかでゆるやかな日常の中で織りなす、愛おしくて味わい深い、そしてちょっぴりお腹が空く作品となっている。

失恋エピソード×ご飯!?
温かな気持ちで満たされるドラマ


木丸みさきのコミックエッセイ「失恋めし」(KADOKAWA刊)を原案にした本作。地元のフリーペーパーで“失恋めし”というエッセイ漫画を連載するイラストレーター・キミマルミキが、毎回、連載の題材のために失恋エピソードを探して街中を彷徨い、美味しいご飯によって失恋から立ち直り、前を向きはじめる様々な人々に出会う。そんな中、ミキ自身も近所の花屋の青年に淡い恋心を抱いていくことになる。

これまでも大人気シリーズ「孤独のグルメ」をはじめ、サラリーマンの週末1泊2日の車の旅「絶メシロード」、グルメバーガーに魅せられた女性たちを描いた「女子グルメバーガー部」など、そのときの気分に添った美味しい食事を探し求めるドラマは数々登場してきたが、失恋エピソードと美味しい食事の組み合わせは斬新だ。

サバの味噌煮から焼き鳥ねぎ焼き大学イモ焼きそばパンまで、登場する“めし”はすべて実在する飲食店の人気メニューばかり。長年交際していた彼氏に振られたり、婚約を解消されたり…失恋を経験した人それぞれにとって忘れられない味とそのエピソードにミキは耳を傾け、癒しの漫画として昇華させる。

とはいえ、ラブラブで浮き足立つ恋人たちは人目につくが、失恋探しとなるとなかなか難しい。想像力が人一番たくましいミキは、職業柄なのか、失恋を察知する“嗅覚”のようなものを持っており、1つの恋がおわった人と同じ空間で、同じ“めし”を一緒に味わうことで彼らの懐に入りこみ、同化しながら寄り添っていく。あるときはそっと背中を押し、あるときは優しく背中を摩ってくれるような、美味しい“めし”。食べ終わった後の彼らの表情は晴れやかで、傷ついて塞ぎ込んだ心が開放され、温かな気持ちで満たされているのが伝わってくる。

また、こうした“めし”たちの見た目だけでなく、韓国の「モッパン」(食事動画)から人気となった咀嚼音の「ASMR」による演出も見逃せない。本来はささやき声や風で木の葉が揺れる音など、脳が揺らぐ心地のよい音をさす「ASMR」だが、揚げたてカニクリームコロッケのサックサク感焼小籠包からジュワッと染み出る肉汁などを、“耳から味わえる”演出が心憎い。

『勝手にふるえてろ』大九明子監督×個性派キャスト陣が織りなすクセになる世界観


全10話からなる本作のメガホンをとるのは、松岡茉優主演『勝手にふるえてろ』、のん主演『私をくいとめて』、松雪泰子主演『甘いお酒でうがい』など、いずれも器用には生きられない女性たちを描いてきた大九明子監督。失恋エピソードを探す主人公ミキが見ている“世界”は大九ワールドの真骨頂といってよく、好奇心と想像力に溢れすぎた人物観察と思い込みからくる心の声には爆笑必至。

ミキを演じるのは、シリアスな作品はもちろん、朝ドラ「わろてんか」や、最近ではヤンキーの世界とOLライフを融合させた映画『地獄の花園』、韓国のヒットロマコメをリメイクした「知ってるワイフ」などで躍動する、世代きってのコメディセンスを持つ広瀬アリス。本作「失恋めし」では、「大九監督が芝居としてそのまま活かしてくださった」と自ら語るように自然体の食べっぷりを披露。失恋を忘れさせてくれるほどの美味しい“めし”に出会ったトキメキや高揚感を生き生きと表現し、広瀬さん自身による「ASMR」も食欲をそそる。一転、自分の恋となった途端に立ち止まってしまうミキの、機微のある感情表現にも注目だ。

また、失恋めしで立ち直る人々のほっこりとした食事シーンの一方で、ミキを取り巻くユニークな登場人物たちがアクセントとスパイスになっている。

「失恋めし」を連載するフリーペーパーの出版社で、社員全員が佐藤さんという苗字の「STO企画」の面々は村杉蝉之介臼田あさ美安藤ニコ、「STO企画」に出入りするお弁当屋の佐藤さんを若林拓也が演じる。特に、『美人が婚活してみたら』『私をくいとめて』など大九作品“常連”ともいえる臼田さんが演じる担当編集者・佐藤“2号”こと双葉は、ミキの素性や恋模様についてあることないことを周囲に吹き込む弾けたキャラクター。生真面目さと生意気さを合わせ持つ佐藤“3号”こと光子を演じるのは、「知ってるワイフ」や「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」で広瀬さんと共演してきた安藤さん。居心地よさそうに、この世界に馴染んでいる。

ミキが次第に思いを寄せるようになる花屋の青年を演じるのは、大九ワールドに初参加となる井之脇海。「(役の)雰囲気が、普段の僕と近いと感じた」という井之脇さんは、ミステリアスな(ミキにはそう見えている)キーパーソンに。ほかにも、各話ゲストに門脇麦前野朋哉深川麻衣らを迎え、『私をくいとめて』の林遣都がかつてない役どころを熱演!? 絶妙な隠し味となっている。


Amazonプライム・ビデオで「失恋めし」を視聴

「失恋めし」は1月14日(金)Amazonプライム・ビデオにて一挙独占配信、7月、読売テレビにて放送予定(全10話)。

<提供:読売テレビ>

《text:Reiko Uehara》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top