広瀬すず&松坂桃李が遠くを見つめる『流浪の月』デジタルポスター解禁、公開は5月に決定

広瀬すず、松坂桃李ダブル主演の同名ベストセラー小説の映画化『流浪の月』の公開が5月に決定し、併せてデジタルポスターが解禁された。

映画 邦画ニュース

広瀬すず、松坂桃李ダブル主演の同名ベストセラー小説の映画化『流浪の月』の公開が5月に決定し、併せてデジタルポスターが解禁された。


>>『流浪の月』あらすじ&キャストはこちら

本作は本屋大賞を受賞した凪良ゆうによる傑作小説が原作。誘拐犯となってしまった青年と、その「被害女児」とされた少女の、その後の過酷な運命を描く。監督は『フラガール』『悪人』『怒り』など多数の話題作を手掛けてきた李相日。烙印を背負い、誰にも打ち明けられない秘密を抱えた2人の、限りなく稀有な関係性をスクリーンに描き出す。

このたび解禁されたのは、初の作品ビジュアルとなる<デジタルポスター>。過酷な運命に翻弄される広瀬すず演じる「更紗」と松坂桃李演じる「文」の2人が、どこか遠くを見つめるような視線を投げかけて並ぶ姿が映し出されている。

ポスターの撮影が行われたのは広瀬さんのクランクアップ当日で、撮影地に選ばれたのは美術の種田陽平と北川深幸によりセッティングされた物語の要となるカフェ。穏やかに射し込む陽の光と影は照明の中村裕樹による演出で、ポスターに添えられた「元誘拐犯と、その被害女児。――許されないふたり。」の言葉のごとく、消せない烙印を背負った2人の姿を浮かび上がらせている。

広瀬さんと松坂さんは特にディレクションを受けることはなく、更紗と文としての姿のまま撮影に臨んだという。2人の表情の裏にある、その真の思いとは…? 様々な感情を想像させられる、絶妙な表情をとらえたビジュアルとなっている。

なおデジタルポスターは、作品公式サイトおよび公式 SNS にて見ることができる。

『流浪の月』は5月、全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top