神木隆之介“新米刑事”を通して体感する極上の臨場感&没入感『ノイズ』場面写真

映画『ノイズ』より神木隆之介演じる新米刑事・守屋真一郎の新場面写真が到着した。

映画 邦画ニュース
『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会

藤原竜也と松山ケンイチがW主演を務め、神木隆之介、黒木華、寺島進、柄本明ら豪華キャストが出演する映画『ノイズ』。来週から公開がスタートする本作より、神木さん演じる新米刑事・守屋真一郎の新場面写真が到着した。


>>『ノイズ』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、「予告犯」「マンホール」などを手掛ける鬼才・筒井哲也の同名サスペンス漫画の実写化。舞台となる猪狩島の復興の期待を一身に背負いながらも、島を訪れた元受刑者のサイコキラーを殺してしまう泉圭太を藤原さん、圭太の殺人を隠蔽すべく、死体隠しに協力する幼なじみ・田辺純を松山さん、2人と幼なじみで猪狩島の駐在所での勤務が決まったばかりの新米警察官・守屋真一郎を神木さんが演じている。

平和な島に突然現れた一人の“ノイズ”、小御坂陸雄を殺してしまったことで、次第に島全体に不穏な“ノイズ”が広がっていくことになる本作。今回到着した場面写真に写る守屋は、島を守るためという純粋な思いから、殺人を「全部なかったことにしましょう」と、圭太と純に提案し、死体隠しに加担するが、正義感の強い彼は、次第に自分自身を攻め、精神的に追い込まれていく。

全編に緊張感が漂い、俳優陣による心理戦が繰り広げられる中、守屋は観客と共に“一つのきっかけから事件に巻き込まれていく男”として、スクリーン上で輝きを放つ。先日のジャパンプレミアにて「観た人全員が共犯者」と神木さんが語っていたように、本作は、まるでジェットコースターのように様々な感情を一つの映画の中で体験できる映画となっている。

観客の目線で島に蔓延する“ノイズ”を体感していく守屋。神木さんは本作について「まるでドキュメンタリーのような作品」と評し、「これまで味わったことのない臨場感と没入感がこの作品には存在しています。完成された作品を観て、本当にその場にいるような気がしてなりませんでした。廣木監督の長回しのカットや、近距離で僕らのお芝居を撮っていてくださったからこそ、この臨場感が生まれたんだと感じています」とコメントしている。

『ノイズ』は1月28日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top