自分にしか聞こえない“音”に導かれる『MEMORIA メモリア』日本版ポスター&予告編

『ブリスフリー・ユアーズ』、『トロピカル・マラディ』、『ブンミおじさんの森』に続き、カンヌ国際映画祭4度目の受賞となったアピチャッポン・ウィーラセタクン監督最新作『MEMORIA メモリア』より、ポスタービジュアルと予告編が解禁された。

映画 洋画ニュース

『ブリスフリー・ユアーズ』、『トロピカル・マラディ』、『ブンミおじさんの森』に続き、カンヌ国際映画祭4度目の受賞となったアピチャッポン・ウィーラセタクン監督最新作『MEMORIA メモリア』より、ポスタービジュアルと予告編が解禁された。


>>『MEMORIA メモリア』あらすじ&キャストはこちら

2021年カイエ・デュ・シネマのベスト3入りや、全米映画批評家協会賞の編集部門ノミネート、第94回アカデミー賞国際長編映画賞コロンビア代表に選出など、本年度の話題作として世界中を回り続けている本作。南米コロンビアが舞台の本作は、監督が初めてタイ国外で製作した作品で、監督自身が経験した「頭内爆発音症候群」から着想を経た記憶の旅路が描かれている。ティルダ・スウィントンが演じるのは、コロンビアのメデジンで農ラン業を営むジェシカ。病床の妹を見舞うため首都ボゴタを訪ねた夜、ある【音】に襲われたことから、物語は動き始める。

また共演陣には実力派の国際的キャストを迎えており、『バルバラ セーヌの黒いバラ』でセザール賞主演女優賞を受賞したジャンヌ・バリバールが人骨の研究をしている考古学者アグネスを、コロンビアのTVシリーズなどで活躍するエルキン・ディアスが川沿いの男エルナンを、メキシコのアカデミー賞ことアリエル賞を6度受賞しているダニエル・ヒメネス・カチョがジェシカの義弟フアンを演じている。

この度解禁された予告編は、ジェシカが音響スタジオで自分にしか聞こえない【音】について話す場面から始まり、「地球の核から響く轟音のような」【音】に導かれるように様々な場所を訪れる彼女がどこへ行きつくのか、本編が気になる映像になっている。

また併せて解禁された日本版ポスタービジュアルには、無機質な空間、緑豊かな村、黒が印象的な一室といずれも主人公ジェシカを演じるティルダ・スウィントンをフィーチャーしたバリエーション豊かな場面が配置されている。

 

『MEMORIA メモリア』は3月4日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top