クリント・イーストウッド監督に密着『クライ・マッチョ』メイキング映像

クリント・イーストウッドが監督・主演・製作を務める、監督デビュー50周年記念作品『クライ・マッチョ』が現在公開中。この度、監督に密着したスペシャルメイキング映像が到着した。

映画 洋画ニュース
『クライ・マッチョ』メイキング(C)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『クライ・マッチョ』メイキング(C)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『クライ・マッチョ』(C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『クライ・マッチョ』(C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『クライ・マッチョ』(C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『クライ・マッチョ』(C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『クライ・マッチョ』(C) ​2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserve

クリント・イーストウッドが監督・主演・製作を務める、監督デビュー50周年記念作品『クライ・マッチョ』が現在公開中。この度、監督に密着したスペシャルメイキング映像が到着した。


>>『クライ・マッチョ』あらすじ&キャストはこちらから

名優にして、『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』で監督として2度のアカデミー賞に輝くイーストウッド監督40作目となる本作は、落ちぶれた元ロデオスターと少年の旅を通して“人生とは何か”を描く。喜びや悲しみを背負い、なお人生を歩み続ける、生きる上で必要な強さとは何かを温かく、時にユーモラスに、時に切なく語りかける。

コロナ禍の中、ニューメキシコで撮影が敢行された本作。映像は、ロケ地に用意された「CLINT EASTWOOD DIRECTOR」と刻印されたディレクターズ・チェアからスタート。「ラフォがあっちへ歩いていくからこっちから撮れるよ」と手をかざした監督に、「素晴らしい絵が撮れそうだ」とスタッフ。カウボーイハットでカメラモニターを見つめるイーストウッド監督、馬に優しく触れる場面や、マグカップを手にした主人公マイクを演じている撮影シーンが続く。

そして、ニューメキシコの大自然をロングショットで撮影しようとする監督が、スタッフと共にアングルを確認する姿でメイキング映像は終了する。

『クライ・マッチョ』SPメイキング映像

これまで、最新作が全米公開を迎えると、その直後に次に控える新たなプロジェクトが発表されてきたイーストウッド監督。しかし今回は、新作の発表はなく、本人が取材に応じたのもアメリカの限られた数媒体だけで、プロモーションにも一切顔を出していない。イーストウッド監督を心の師と仰ぐ李相日監督は「『ミリオンダラー・ベイビー』の”その後”を観ているような感慨が湧く。全てを失い失踪した男が、この作品では背中を曲げ愛する人とゆったりと踊る。温もりこそ、人生の終着点なのかもしれない」と語る。

またファンからも「クリント・イーストウッドはいつも大切なことを教えてくれる」「これまで撮り続けてきたイーストウッドだからこその回顧的目線と哀愁に浸った」「これで終わりでは無い!まだまだやる!という気概があった」など熱いメッセージが発信され続けている。

『クライ・マッチョ』は新宿ピカデリーほかにて公開中。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top