玉山鉄二主演『今はちょっと、ついてないだけ』4月公開!不器用な大人たち写すポスター完成

玉山鉄二主演映画『今はちょっと、ついてないだけ』が4月8日(金)より公開が決定し、ポスタービジュアルと主題歌が解禁。

映画 邦画ニュース

玉山鉄二が13年ぶりに映画主演を果たす『今はちょっと、ついてないだけ』が、千葉県茂原市、長野県千曲市、愛知県幸田町、長崎県島原市の4都市の協力により製作され、ついに完成。4月8日(金)より公開が決定し、ポスタービジュアルと主題歌が解禁された。


>>『今はちょっと、ついてないだけ』あらすじ&キャストはこちらから

かつては秘境を旅する番組のスター・カメラマンだった寡黙な主人公・立花浩樹を演じるのは、玉山鉄二。シェアハウスの仲間たちには音尾琢真深川麻衣団長安田(安田大サーカス)ほか高橋和也らが顔を揃える。

「四十九日のレシピ」他が映像化された作家・伊吹有喜の同名小説(光文社文庫刊)を原作に、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の柴山健次が監督を務めた。

今回解禁となったポスターは、主人公・立花を演じる玉山さんが、長野県飯山市北竜湖で、美しい緑の木々をバックにカヌーを操るシーン。そして、千葉県茂原市に本作のため準備されたシェアハウスの前で音尾さん、深川さん、団長安田さんと4人の笑顔が印象的なシーンを組み合わせた、色鮮やかなビジュアル。

また、登場人物それぞれの人間模様を写し出す場面写真(7点)もあわせて解禁。自然に囲まれたシェアハウスを舞台に、ゆったり流れる時間の中で、日々を丁寧に生きようとする不器用な大人たちを写し出している。

さらに、本作主題歌に「Age Factory(エイジファクトリー)」の書き下ろし楽曲「First day song」が決定。「Age Factory」清水英介(Vo.Gt.)は、「原作を読んでとても澄んだ空を見たくなりこの曲を書きました」と語り、「誰かの大切な瞬間に贈ります。初めて題材のある曲を書きました。とても好きな曲が出来て嬉しく思います。ありがとう」とコメントを寄せた。

なお、本作は劇場公開に先駆け、2月11日(金・祝)~3月6日(日)に開催される映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2022」内で実施する「映画のつくり手」に贈る映画賞「映画のまち調布賞」授賞式にて監督&出演者によるトークイベント付きで世界最速上映が決定している。

『今はちょっと、ついてないだけ』は4月8日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top