「今まで演じたことのないキャラクター」白石麻衣“蘭子”の七変化場面写真『嘘喰い』

横浜流星主演、史上最恐の騙し合いゲームを繰り広げる映画『嘘喰い』。この度、白石麻衣が演じる最恐女組長・鞍馬蘭子の場面写真とメイキング写真が一挙に公開された。

映画 邦画ニュース
『嘘喰い』(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
  • 『嘘喰い』(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
  • 『嘘喰い』(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
  • 『嘘喰い』(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
  • 『嘘喰い』(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
  • 『嘘喰い』(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
  • 『嘘喰い』(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
  • 『嘘喰い』(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
  • 『嘘喰い』(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

横浜流星主演、史上最恐の騙し合いゲームを繰り広げる映画『嘘喰い』。この度、白石麻衣が演じる最恐女組長・鞍馬蘭子の場面写真とメイキング写真が一挙に公開された。


>>『嘘喰い』あらすじ&キャストはこちらから

“嘘喰い”こと天才ギャンブラーの斑目貘(横浜流星)に一目置く、ヤクザ・鞍馬組の組長にして闇カジノを仕切るオーナー、鞍馬蘭子。個性的なキャラクターたちの中で紅一点の蘭子は、物語のキーパーソンのひとりだ。

今回到着した写真では、カラフルな衣装を身にまとい、それぞれにあわせたメイクやヘアセットを施し、組長としての凄みや風格を感じさせる。

映画ならではの新しい蘭子の魅力を加えるため、髪型や衣装、メイクなどにこだわり、観ているだけで楽しいファッショナブルな蘭子を目指したという白石さん。髪型は、全て地毛でアレンジを施し、衣装は20案程あった中から8案を採用。全て映画のために作られ、細かい刺繍にもこだわりが詰まった衣装となっている。

白石さんの新境地とも言えるこの役柄について白石さんは「今まで演じたことのないキャラクターで、強い言葉もたくさん出てきましたし、言葉遣いも荒かったりして男前なキャラクターでした」と言い、「でも、普段は使わない言葉が多かったからこそ、楽しみながら演じることができました」とふり返る。

エグゼクティブプロデューサーは「流星さん、佐野さんのキャスティングが決まり、とてもフレッシュな組み合わせになったので、意外性を含めてフレッシュな魅力溢れる蘭子像を作ろうと思いました。そこで、究極の清純派としてアイドル乃木坂46を卒業されて、これから自由に駆け出していこうとされている白石麻衣さんにオファーをしました」とオファー経緯を明かし、「彼女は一番キャラクターとは遠い所に居る人です。しかし、根っこの部分に蘭子を感じさせる迫力や凄みを持ち合わせている人だと思いお願いした次第です。結果その狙いは見事的中しました」と太鼓判を押している。

『嘘喰い』は2月11日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top