ジェイク・ギレンホールが銀行強盗犯演じるマイケル・ベイ監督最新作『アンビュランス』全米に先駆け日本公開

マイケル・ベイ監督最新作『AMBULANCE』が邦題『アンビュランス』として、全米公開に先駆け3月25日(金)より全国公開されることが決定。併せて、予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース

マイケル・ベイ監督最新作『AMBULANCE』が邦題『アンビュランス』として、全米公開に先駆け3月25日(金)より全国公開されることが決定。併せて、予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

本作で監督を務めるのは、『トランスフォーマー』シリーズ、『6アンダーグラウンド』など、数々のアクション大作を手掛け、ダイナミックな爆発を得意とするマイケル・ベイ。主演は、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』、『ミッション:8ミニッツ』のジェイク・ギレンホール、共演に『マトリックス レザレクションズ』のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のエイザ・ゴンザレスと、幅広いジャンルで活躍する売れっ子俳優たちが名を連ねている。

今回解禁された予告編は、妻の手術資金を工面するため、元軍人のウィル(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)が血のつながらない兄のダニー(ジェイク・ギレンホール)に助けを求めるシーンから始まる。しかしダニーが提案したのは、LA史上最高額の銀行強盗<3,200万ドル=約36億円>だった。

覚悟を決めて強盗に挑んだふたりだが、計画は思い通りにいかず、警察に追われる事態に。しかも窮地に陥ったふたりが逃走用に乗り込んだ救急車には、ウィルに撃たれて瀕死の傷を負った警官の姿があった。

一緒に乗り合わせた救命士キャム(エイザ・ゴンザレス)も巻き込み、LA中を猛スピードで大爆走する救急車。豪快に吹き飛ぶ車、ド派手な爆炎、さらにはパトカーのみならずヘリまで出動し、単純だったはずの強盗は街全体を大混乱の渦に巻き込んでいく。ふたりは瀕死の警官を死なせることなく大金を奪い逃げきれるのか。ダイナミックなカーチェイスシーン、銃撃戦など、“ハリウッドの破壊王”の異名を持つマイケル・ベイ監督の本領が存分に発揮された映像が満載の予告映像になっている。

また併せて解禁されたポスタービジュアルは、L.A.の街をヘリコプターやパトカーに追われながら逃走する救急車と、漆黒の闇のなかから浮かび上がるギレンホール、アブドゥル=マティーン2世、ゴンザレスの3名の深刻そうな表情が切り取られた緊迫感漂う仕上がりになっている。

『アンビュランス』は3月25日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top