アーティスト・ELAIZA『ライフ・ウィズ・ミュージック』主題歌を初披露「すごく愛おしくてストレート」

俳優、映画監督、モデルなど幅広いフィールドで才能を発揮している池田エライザがアーティスト“ELAIZA”として『ライフ・ウィズ・ミュージック』プレミア上映会に登壇。

最新ニュース レポート
『ライフ・ウィズ・ミュージック』プレミア上映会 (C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』プレミア上映会 (C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』プレミア上映会 (C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』プレミア上映会 (C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』プレミア上映会 (C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』プレミア上映会 (C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』プレミア上映会 (C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ライフ・ウィズ・ミュージック』(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

アーティスト・Sia(シーア)初監督のポップ・ミュージック・ムービー『ライフ・ウィズ・ミュージック』で日本版カバーソングアーティストを務めた、俳優、映画監督、モデルなど幅広いフィールドで才能を発揮している池田エライザがアーティスト“ELAIZA”としてプレミア上映会に登壇。その主題歌「Together」Japanese coverを初披露した。


>>『ライフ・ウィズ・ミュージック』あらすじ&キャストはこちらから

初の映画監督にして原案・脚本・製作まで手掛けるシンガーソングライター・Sia同様に、幅広い才能を発揮しているELAIZAは、兼ねてよりSiaの大ファンだったと明かしており、「オファーが来た時は、『あのSiaの曲を私が歌うんですか? いったいこの人達は何を言っているんだろうか』とパニックになりました(笑)」と、憧れのアーティストの作品に関わることに素直な驚きを明かし、「映画を観させていただいて素晴らしかったので、ぜひ参加させていただきたいと思いました」とその喜びを改めて語った。

本作は、孤独で生きる希望を失っていたひとりの女性が、家族の存在や周りの人々の助けによって“愛する”ことを知り、居場所を見つける物語。主人公ズー(ケイト・ハドソン)の苦悩と成長が描かれるドラマシーンに、登場人物の心情を表現したカラフルでポップな音楽シーンが自己完結型のMVとして差し込まれるという、これまでにない構成の音楽映画となっている。

そんな本作についてELAIZAは、「アーティストが監督したという先入観が一切なくなるほど素晴らしい映画。ふとした瞬間に思い出して胸が熱くなったり、急ぎ足で生活していて見逃しそうな、日常の中のささやかな尊いものに改めて気付かせてくれた」と絶賛を贈る。

「壮大な出来ごとじゃないからこそ登場人物達が身近に感じますし、何かに振り返ったりしたときに、そばにいつでも愛情があったんだなっていうすごく素朴なところに自分を立ち返らせてくれます」と、主人公ズーが妹のミュージック(マディ・ジーグラー)や優しい隣人エボ(レスリー・オドム・Jr.)との暮らしの中で、自身を受け入れ“愛する”ことを学んでいくというストーリーへの共感を語った。

そんなELAIZA自身が“愛されている”と気づいた瞬間については、「ふと小さいときに親が言ってくれていた言葉がよぎったりすると、『ああすごく愛されていたんだな』と感じますね。その時は分からなくても、言葉や愛情は脳や身体に残り続けるのかなって思います」と答え、また、監督のSia自身がアルコール依存症に陥り、絶望した過去から“音楽と愛すべき友人”によって救われたというエピソードから、ELAIZAが救われたものについて聞かれると、「やっぱり家族ですかね」と即答。「自分の中のささやかな幸せは家族と共にあるのかなと思います」と打ち明けた。

そして本作のタイトル『ライフ・ウィズ・ミュージック』にちなみ、ELAIZAにとっての“人生に欠かせないもの”を聞かれると、「ライフ・ウィズ・キャット・ウィズ・パラキート(インコ)です」と、いま共に生活している“家族”である愛猫とインコへの愛情を込めて回答した。

イベントの最後には本作の主題歌「Together」Japanese coverを生歌で初披露! 優しく包み込むような透き通った歌声で歌い上げ、会場を魅了したELAIZAは、「Together」の歌詞に大好きなフレーズがたくさんあると明かし、その中でも特に「もう大丈夫 その心に虹が見える 私の天使 昨日にバイバイ 明日におはよう」という歌詞がお気に入りとのこと。「抽象的なようで、すごく愛おしくてストレートで、そこから繋がるサビの歌詞もとってもかっこよくて、『みんなで一緒にともに行こう』という感じがすごく大好きです」と歌詞に込められたポジティブなメッセージに思いを馳せる。

さらに、「サビのストレートな『Oh together ともに行こうよ』っていうフレーズは、家で聴いていてもみんなのこと思い出したりとか、友達とか大切な人たちとか応援してくれている人たちのことを考えながら、前向きでポジティブな気持ちになれるので私にとってもすごく大切な曲になりました」と、改めて自身が担当した日本語版主題歌への想いを明かしていた。

『ライフ・ウィズ・ミュージック』は2月25日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top