「30までにとうるさくて」次週最終回を前に共感と惜しむ声が続出!4人の幸せの行方は?

さとうほなみ、山崎紘菜、佐藤玲、石橋菜津美主演「30までにとうるさくて」、佳境の第7話「29歳独身女子のお金事情」が放送

最新ニュース スクープ
ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」7話(C)AbemaTV, Inc.
  • ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」7話(C)AbemaTV, Inc.
  • ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」7話(C)AbemaTV, Inc.
  • ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」7話(C)AbemaTV, Inc.
  • ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」7話(C)AbemaTV, Inc.
  • ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」7話(C)AbemaTV, Inc.
  • ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」7話(C)AbemaTV, Inc.
  • ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」7話(C)AbemaTV, Inc.
  • ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」7話(C)AbemaTV, Inc.

さとうほなみ、山崎紘菜、佐藤玲、石橋菜津美が演じる現代の東京を生き抜く29歳独身女性たち4人組の恋、キャリア、性、友情を描いた「30までにとうるさくて」の第7話「29歳独身女子のお金事情」が放送。20・30代女性を中心に、SNS上で共感の声を多数得ている中、次週の最終回をを惜しむ声も寄せられている。

■婚約破棄された元カレが突然家に。「やっぱりずっと一緒にいたい」と打ち明けられ…


公園で知り合ったジャズミュージシャン・悠斗(中川大輔)から誘われたライブへ行くことにした遥(さとうほなみ)。年下男子は新たな恋愛相手としてはしっくりきていないものの、悠斗は徐々に遥の心を開いて距離を縮めていく。遥と距離を縮めていく悠斗の姿に、SNSでは「かっこよすぎる」「年下男子かわいい」「こんな出会いずるい」との声が続出。

しかし、そんなある日の夜、遥が帰宅すると、婚約破棄となり家を出ていったはずの奏多(堀井新太)が家の前で待っていた。適応障害で休職中の遥を心配してやってきた奏多は、「やっぱりずっと一緒にいたい」と本音を遥に打ち明ける。奏多の言葉を聞いた遥は、その思いを受け入れるのか…?

■恋した社長が解任に!花音の決断に「苦しい」と反響多数


花音(佐藤玲)の会社では、社長の高村が解任されてしまう事態に。「新しく起業する会社に一緒に来てほしい」と高村に誘われる一方、新社長からも声をかけられてしまう。高村への恋心はなくなったと言いながら、選択を迫られ悩む花音。距離が縮まった高村の娘・愛梨(豊嶋花)からも「パパは花音ちゃんのこと好きだと思う。花音ちゃんはパパのこと好き?」と聞かれ、さらに複雑な心境に。“愛か金か”、花音が涙ながらに高村に伝えた決断とは…?

この花音の決断には、「苦しい選択」「まさかの答え」「本当にそれでいいの!?」といった声も相次いだ。また、父親思いで明るく振る舞う愛梨に「良い子過ぎて泣ける」「切ない」「素敵な親子関係」という感想が寄せられた。

■恭子は選択的シングルマザーの決意を姉に告白する…


そして子宮腺筋症を患い、選択的シングルマザーの道に進む決心をした恭子(山崎紘菜)は、本音を言い合える家族をつくりたいという思いから、子育て中の姉・美香子(松本若菜)に打ち明ける決心をする。恭子の思いを聞いた美香子が「ひとりじゃない。よく話してくれたね。恭子なら、きっと大丈夫だよ」と全てを受け入れると、姉の優しさに「泣けた」「お姉ちゃんいい人すぎてうらやましい」との声も上がる。

一方、同性カップルの詩(石橋菜津美)と真琴(中田クルミ)は、同棲する部屋を探すことに。しかし、結婚前提でないと同棲する部屋は借りづらいことが判明する。「結婚したくても出来ないのに…」と、腑に落ちない2人。すると、不動産屋の室井(前原滉)が声をかけてきて…?

3月3日(木)放送 最終回・第8話「30歳、どう生きれば幸せになれるの?」あらすじ


婚約破棄となって一度は別れた奏多から2度目のプロポーズをされた遥。悩んでいたセックスレスも解消し、メンタルも徐々に回復してくる。人生がうまく動きはじめ、迷うことは何もないはずなのに、何故かモヤモヤを感じ続けてしまう遥はある行動に出る。

花音は、新社長からプライベートでディナーに誘われる。結婚相手の条件としては文句なしで、ついに一発逆転にリーチの花音。しかし、解任された元社長・高村のこともまだ振り切れてないまま。将来安泰の現社長か、無職だけど好きだった人か、悩む花音が選んだ決断とは?

一方、精子ドナー探しが難航している恭子。色々な候補者の男性と出会うも、産まれた後の子どものことを考え出すとなかなか決められない。そんな恭子のもとに、ある人がやってくる。

そして、詩と真琴はついに同棲を開始。「これからずっと一緒いたい」と改めて思った2人は、あることを決心する。29歳から、30歳へ。これから先、どう生きていけば良いのか? 年齢に縛られてきた彼女たちが見つけた、それぞれの幸せを見守ってほしい。

ABEMAオリジナルシリーズ「30までにとうるさくて」は毎週(木)22時~ABEMA SPECIALチャンネルにて放送中(全8話)。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top