菅田将暉&有村架純『花束みたいな恋をした』中国公開!1万スクリーン以上で上映

菅田将暉と有村架純が共演した映画『花束みたいな恋をした』が、中国にて近年の日本の実写映画としては異例のスケールで公開中

映画 邦画ニュース

菅田将暉と有村架純が共演した映画『花束みたいな恋をした』が、2月22日より中国で公開。公開規模は32省で上映館3,700館、10,000スクリーン以上という近年の日本の実写映画としては異例のスケールであることが分かった。


>>『花束みたいな恋をした』あらすじ&キャストはこちらから

東京・京王線の明大前駅で終電を逃し偶然出会った大学生の男女ふたりの忘れられない5年間を描く本作。「東京ラブストーリー」「Mother」「カルテット」など時代を超えて多くの名作ドラマを生み出してきた脚本家・坂元裕二による映画初のオリジナルラブストーリー。『罪の声』の土井裕泰が監督を務め、菅田さん、有村さんをW主演に迎えて2021年1月29日に日本公開。SNS中心に口コミが広がり、全国映画動員ランキング(興行通信社)6週連続1位、15週連続トップ10にランクイン、興行収入は38億円を突破し、日本中に“はな恋”ブームを巻き起こした。

第45回日本アカデミー賞では優秀主演男優賞(菅田将暉)、優秀主演女優賞(有村架純)をW受賞するなど2021年の日本映画を代表する1本となった本作は、これまでに香港(21年6月10日公開)、シンガポール(21年6月17日公開)、韓国(21年7月14日公開)、台湾(21年7月16日公開)で公開されて各地で大きな反響を呼んできた。

中国では、坂元氏のこれまでのテレビドラマが人気を集めており、今回が映画初のオリジナルラブストーリーであるということ、さらにキャスト人気の高さから、中国のソーシャル・カルチャー・サイト「Douban」では、2021年の日本映画で年間1位を獲得するなど期待が高まるなかで待望の公開となった。公開初日のみで興行収入は1028万元(約1億8,400万円)の好スタートを記録。日本同様に中国でも”はな恋“旋風を起こせるか注目を集めている。

菅田将暉 コメント


一年前、映画館に様々な制約がかかった日本でなんとか公開された、そんな作品がこんなに大きなスケールで中国の方々のもとに届けられることになるなんて、感謝の気持ちでいっぱいです。
坂元さんの散りばめた素敵な台詞が言葉や文化の垣根を越えてどんな風に受けとめてもらえるのか、興味深いです。「花束みたいな恋をした」に関わった全ての方の思いがちゃんと伝わりますように。

有村架純 コメント


昨今は海外へ行くことも儘ならない中、この作品が日本を離れ、より多くの方へ届けることのできる機会をいただけたこと、心から感謝致します。この度は中国にて公開ということですが、大切な人と心と体で繋がり合える愛おしい時間を、思い出を、抱きしめながらご覧になっていただけたら幸せに思います。

『花束みたいな恋をした』はBlu-ray & DVD発売中。


『花束みたいな恋をした』豪華版(2枚組)
Blu-ray 価格:7,480円(税込)/6,800円(税抜)
DVD 6,380円(税込)/5,800円(税抜)
『花束みたいな恋をした』通常版
DVD品番:TCED-5745 価格:4,180円(税込)/3,800円(税抜)
発売元:TBSスパークル 販売元:TCエンタテインメント※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top