ユ・オソン×チャン・ヒョク共演、熾烈な抗争を描く韓国ノワール・アクション『狼たちの墓標』5月公開

韓国の人気俳優ユ・オソンとチャン・ヒョクが共演する韓国ノワール・アクションの最新作『江陵』が、邦題『狼たちの墓標』として5月27日(金)より公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルが解禁された。

韓流・華流 スクープ

韓国の人気俳優ユ・オソンとチャン・ヒョクが共演する韓国ノワール・アクションの最新作『江陵』が、邦題『狼たちの墓標』として5月27日(金)より公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルが解禁された。

舞台は、オリンピック直前にさらなる大規模開発に湧く韓国屈指のビーチリゾート地、カンヌン(江陵)。江陵を牛耳る組織の幹部キルソク(ユ・オソン)は、安易な暴力に頼ることなく秩序と義理を重んじ、地元警察からも一目置かれるカリスマ性で町に安定をもたらしてきた。そんな彼の前に、巨大な開発利権を狙う新たな勢力が現れる。キルソクの前に立ちはだかるのは、目的のためならば手段を選ばない非情な男ミンソク(チャン・ヒョク)。ふたりの邂逅は、やがて2つの組織と警察をも巻き込んだ血で血を洗う凄惨な抗争へと発展していく。

『友へ チング』で数々の賞に輝き、以降多様な作品を通じて圧倒的カリスマ性を見せてきたユ・オソンが、地元に根を張り誰よりも義理を重んじる昔気質のキルソクを演じる。一方、『火山高』『僕の彼女を紹介します』などの大ヒット作に出演し、端正なルックスだけでなく高い身体能力と確かな演技力で観客を魅了してきたチャン・ヒョクが、非情な新興組織のボス、ミンソクを演じ強烈な火花を散らす。

監督は、本作が長編デビューとなる新鋭ユン・ヨンビン。自身の出身地でもある江陵市を舞台に、力強い筆致で男たちの熾烈な戦いを描き切った。

この度解禁されたポスターデザインは、ふたりの男の決然とした表情を捉えており、壮絶な戦いを予感させるものとなっている。『新しき世界』『悪人伝』など幾多の名作を生み出してきた韓国ノワール・アクションのジャンルに新たな傑作が誕生した。

『狼たちの墓標』は5月27日(金)よりシネマート新宿ほか順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top