小松菜奈撮影、本編未収録ビデオ映像インスタで公開『余命10年』

公開から4週目を迎え、累計動員数160万人、興行収入は20億円を突破する大ヒットとなっている小松菜奈&坂口健太郎W主演映画『余命10年』。映画公式Instagramにて、ここでしか見られない映像が公開された。

映画 邦画ニュース
『余命10年』(C)2022 映画「余命 10 年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022 映画「余命 10 年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会
  • 『余命10年』(C)2022映画「余命10年」製作委員会

公開から4週目を迎え、累計動員数160万人、興行収入は20億円を突破する大ヒットとなっている小松菜奈&坂口健太郎W主演映画『余命10年』。映画公式Instagramにて、ここでしか見られない映像が公開された。


>>『余命10年』あらすじ&キャストはこちらから


劇中では、小松さん演じる茉莉が、ビデオカメラで日常を記録しており、そのビデオカメラの映像も映し出される。鑑賞者からは「茉莉が日々の思い出を撮り続けるビデオカメラの演出が印象的」、「茉莉ちゃんのビデオカメラに収まっていた大切な思い出の数々を一つ一つ見せてもらっているように感じました」といった感想が寄せられ、ひと際印象的に描かれている。

そんなビデオカメラの映像は、実際に小松さんがカメラを持って撮影しており、小松さんは「撮影する時、本編の撮影カメラが現場からなくなって、茉莉のハンディカメラのみになるんです。『これが本編に使われるんで』って藤井監督に言われて、急にプレッシャーを感じました(笑)。茉莉の視点を感じてもらえたら良いなと撮影しました」とふり返っている。

そして今回Instagramにて公開されたのは、坂口さん演じる和人と歩いた桜並木や、タケル(山田裕貴)や沙苗(奈緒)と楽しんだお花見など、茉莉が和人や友人、家族と過ごした愛おしい10年間が凝縮されている、本編未収録映像も含むビデオカメラの映像。

本作を鑑賞した人も、未鑑賞の人も要チェックな、Instagramでしか見ることのできない必見のコンテンツとなっている。

『余命10年』は全国にて公開中。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top