最愛の妻との思い出の地を目指すローカルバスの旅『君を想い、バスに乗る』6月公開

ティモシー・スポール主演、ギリーズ・マッキノン監督の最新作『君を想い、バスに乗る(原題:THE LAST BUS)』が、6月3日(金)より公開されることが決定し、ポスタ-ビジュアルと場面写真が解禁された。

映画 洋画ニュース

ティモシー・スポール主演、ギリーズ・マッキノン監督の最新作『君を想い、バスに乗る(原題:THE LAST BUS)』が、6月3日(金)より公開されることが決定し、ポスタ-ビジュアルと場面写真が解禁された。

最愛の妻を亡くしたばかりのトム・ハーパー(ティモシー・スポール)はローカルバスのフリーパスを利用してイギリス縦断の壮大な旅に出ることを決意する。目指すは愛する妻と出会い、2人の人生が始まった場所。行く先々で様々な人と出会い、トラブルに巻き込まれながらも、妻と交わしたある“約束”を胸に時間・年齢・運命に抗い旅を続けるトム。愛妻との思い出と自身の“過去”ばかりを見つめていたトムが、旅を通して見つけたものとは…?

『ウィスキーと2人の花嫁』のギリーズ・マッキノン監督の最新作である本作は、最愛の妻を亡くした90歳の老人が50年暮らした家を離れ、壮大な旅に出る物語。脚本を手掛けたジョー・エインズワースが、彼の父と義父の「高齢者向けの無料バス乗車券を使ってどこに旅をするか」という会話から着想を得て、完成した。

2021年夏にイギリスで公開され、英インディー映画界にて『ファーザー』『スーパーノヴァ』に続く第3位の興行収入を記録。特殊メイクなしで実年齢より30歳近く年老いた主人公・トムを演じたティモシー・スポールは、同年イタリアで開催されたバーリ国際映画祭にて最優秀主演男優賞を受賞した。トムの最愛の妻・メアリーを演じたのは大人気テレビシリーズ「ダウントン・アビー」でミセス・ヒューズ役を演じたフィリス・ローガン。イギリスを代表する実力派俳優が紡ぐ愛の形はまさに必見だ。

また、本作で主人公・トムが目指すのはイギリス旅行者憧れの聖地“ランズエンド”。道中で出会う雄大な景色も見どころとなっている。

解禁されたポスタービジュアルには、バス停に佇む主人公・トムと、そばには「迷える仔羊」と言わんばかりの1頭の羊の姿が写し出されている。背景に見えるイギリスの雄大な景色も壮観だ。トムが劇中で辿る旅路でもあるイングランド最南端のランズエンド岬からスコットランド最北端のジョン・オ・グローツ間は、“Land’s End to John o’Groats(ランズエンドからジョン・オ・グローツ)”と呼ばれ、グレートブリテン島で最も長い究極の旅路として日本のお遍路のように親しまれており、その景観にも注目したい。

『君を想い、バスに乗る』は6月3日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top