阿部寛&北村匠海&杏ら集合『とんび』愛が詰まった家族写真

映画『とんび』より、阿部寛、北村匠海、杏らを写した家族写真が到着した。

映画 邦画ニュース
『とんび』(C)2022『とんび』 製作委員会
  • 『とんび』(C)2022『とんび』 製作委員会
  • 『とんび』(C)2022『とんび』 製作委員会
  • 『とんび』(C)2022『とんび』 製作委員会
  • 『とんび』(C)2022『とんび』 製作委員会
  • 『とんび』(C)2022『とんび』 製作委員会

4月8日に公開がスタートした重松清原作映画『とんび』。この度、阿部寛、北村匠海、杏らを写した家族写真が到着した。


>>『とんび』あらすじ&キャストはこちらから

幾度途切れても必ず繋がっていく親子の絆を描く、重松清による不朽の名作小説「とんび」。いま、この時代にこそ届けたいと、瀬々敬久監督による初映画化が実現。まだ公開して間もない本作だが、鑑賞者からは「今年で一番泣いた」「会場が感動と共感に包まれていた」「不器用なお父さんの姿に涙が止まらなかった」と続々と感想が寄せられ、各レビューサイトでも高評価を得ている。

そんな中、今回公開されたのは家族写真。一枚目は、幼少期のアキラが、母・美佐子(麻生久美子)に抱きしめられ、幸せそうに笑っている様子。美佐子は、アキラを海のように深く愛し、父・ヤス(阿部さん)もまた、真っ直ぐにアキラを愛した。

そして、両親の愛を受けて立派に成長したアキラ(北村さん)は、由美(杏)と結婚。由美の連れ子・健介と、アキラと由美の間に授かった娘・美月の2人の子どもたちに、アキラは両親から受けた以上の愛情を注ぐ。由美と健介がピクニックしている場面や、ヤスが健介を肩車をしている場面、さらにはヤスとアキラと由美、健介と美月という、3世代の家族が勢揃いする写真も。親から子へ、子から親へ、そして次の世代へと繋がれていく家族の愛が詰まった家族写真となっている。

『とんび』は全国にて公開中。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top