松岡茉優が“スーパーペット”のブタさんに『DC がんばれ!スーパーペット』特報映像

映画『DC がんばれ!スーパーペット』に松岡茉優が出演することが分かった。

映画 洋画ニュース
『DC がんばれ!スーパーペット』(C) 2022 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『DC がんばれ!スーパーペット』(C) 2022 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii

スーパーパワーを手に入れてしまった、ちょっとドジなペットたちの未知なる大冒険を描く映画『DC がんばれ!スーパーペット』。この度、女優・松岡茉優と芸人・松尾駿(チョコレートプラネット)が、本作の日本語吹き替え版声優に決定したことが分かった。

人間たちが知らない間に突然、スーパーパワーを手に入れてしまったペットたち。空を飛べる犬のクリプトと、その相棒でミサイルドッグのエース、体の大きさを変えられるブタのPB、超高速移動のカメのマートン、手から電流ビームを出すリスのチップ。可愛すぎる子猫のウィスカーズやモルモット軍団たちが企む世界征服を阻止するため、上手に使いこなせないパワーを猛特訓。ちょいドジな彼らは、大好きな飼い主や仲間たちを守ることができるのか――。

すでに、“スーパーペット”たちの日本語吹き替え版として、楠大典、高木渉、魏涼子、梶裕貴らの出演が決定しているが、新たに発表された松岡さんが演じるのは、ちょっとドジなスーパーペットの一員で、“カラダの大きさを変幻自在に操れる”夢も心もビッグな乙女のブタさん・PB。台本を読み松岡さんは「こんなに愛おしく、大好きだって思えるのは、彼女の優しいところや、屈託のないところが私にも影響したんだなと思って大事に演じました」とキャラクターへの愛を語り、「急にスーパーパワーを得るシーンは特に印象的で、他のみんなは混乱しているんですけど、PBだけは『ラッキー!こんなこともあるんだ~!』とちょっと天然ぽいところがとても愛おしくて、大丈夫!私できる!とポジティブに進んでいく姿に凄く励まされました」と魅力を明かす。

また松尾さんは、同じくスーパーペットたちの仲間で、話し方がゆっくりでのんびり癒し系、しかし、目にも留まらぬ“超高速で移動する”カメのマートンを演じる。“おばあちゃんカメ”の役だったことについて松尾さんは「性別と年代を超えた、自分とは全然違う役を演じるのが大変でした」と苦労したそうで、「僕ちょっと声が高いので、元気よくやるとおばあちゃんっぽくなくなるので、低い声のままテンションを高く演じるのが大変でした」とコメントした。

さらに合わせて、空飛ぶ犬・クリプトや、ビッグ&スモール・PB、超高速カメ・マートン、電撃必殺リス・チップ、ミサイルドッグ・エースと、ちょっとドジな5匹の全然使いこなせないスーパーパワーが満載の特報映像も到着。見た目がとってもキュートだが、狙った獲物は逃がさない“あざと可愛いヒットニャン”のウィスカーズが現れ、大ピンチになるシーンも登場。ナレーションの声は、リスのチップの声を担当している梶さんが務めている。

『DC がんばれ!スーパーペット』は8月26日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top