玉城ティナ&千葉雄大&永山瑛太らが監督した『アクターズ・ショート・フィルム2』SSFF & ASIAにノミネート

青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子が監督する『アクターズ・ショート・フィルム2』が、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022」(SSFF & ASIA 2022)のジャパン部門にノミネートされたことが分かった。

映画 邦画ニュース
(上段左より)青柳監督、玉城監督、千葉監督 ※劇場公開記念の単独舞台挨拶時の写真より(下段左より)永山監督、前田監督 ※完成報告会登壇時の写真より
  • (上段左より)青柳監督、玉城監督、千葉監督 ※劇場公開記念の単独舞台挨拶時の写真より(下段左より)永山監督、前田監督 ※完成報告会登壇時の写真より
  • 『アクターズ・ショート・フィルム2』玉城ティナ
  • 『アクターズ・ショート・フィルム2』千葉雄大
  • 『アクターズ・ショート・フィルム2』永山瑛太
  • 『アクターズ・ショート・フィルム2』青柳翔
  • 『アクターズ・ショート・フィルム2』前田敦子

青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子が監督する『アクターズ・ショート・フィルム2』が、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022」(SSFF & ASIA 2022)のジャパン部門にノミネートされたことが分かった。


>>『アクターズ・ショート・フィルム2』あらすじ&キャストはこちらから

予算・撮影日数など同条件で5人の俳優たちが25分以内のショートフィルムを製作、「SSFF & ASIA」でグランプリ:ジョージ・ルーカス アワードを目指す「アクターズ・ショート・フィルム」プロジェクト。

第2弾となる今作は、豪華俳優陣が監督する作品に、村上虹郎、琉花、奥平大兼、伊藤沙莉ら若手俳優が集結。「SSFF & ASIA 2022」では、全5作品がジャパン部門にノミネートされる形となった。

青柳監督は「5作品ともにノミネートと聞いた時も『どういうことだ!?』と正直、驚きました。たくさんの人たちに協力してもらい出来た作品なので評価していただき、ノミネートされて嬉しく思います」とノミネートされた現在の心境を明かし、千葉監督も「愛を持って作った作品が、ご覧いただいたみなさんに何かしらでも届いたということだと思うので、すごく嬉しく存じます」と喜ぶ。

千葉雄大監督

永山監督は「海外の方々に観て頂く機会もあると思います。どんな反応があるのか、全く見当がつきませんが、私の人生においてとても貴重な経験だと噛み締めたい」と言い、玉城監督も「五人分の作品をまるごと楽しんでもらいたいです」とコメント。

玉城ティナ監督

前田監督は「監督達の熱量、多種多様で素敵すぎて、感動しかありませんでした」と完成した作品を観た感想を明かし、「またみていただける機会をいただけた事が何より嬉しいです」と思いを語っている。

前田敦子監督

なお、ジャパン部門優秀賞およびグランプリ:ジョージ・ルーカスアワードは、6月20日(月)に行われる映画祭アワードセレモニーにて発表される。

『アクターズ・ショート・フィルム』『アクターズ・ショート・フィルム2』はWOWOWオンデマンドにて配信中。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022」は6月7日(火)~20日(月)オンライン会場および都内複数の会場にて開催予定。※オンライン会場は4月28日(木)から

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top