永野芽郁がCEO! 大人の青春ドラマ「ユニコーンに乗って」7月放送

2022年夏のTBS新火曜ドラマは、永野芽郁主演の「ユニコーンに乗って」を放送することが決定。永野さんは、今作がTBSドラマ初主演、民放GP帯ドラマで初の単独主演となる。

最新ニュース スクープ

2022年夏のTBS新火曜ドラマは、永野芽郁主演の「ユニコーンに乗って」を放送することが決定。永野さんは、今作がTBSドラマ初主演、民放GP帯ドラマで初の単独主演となる。

本作は、教育系スタートアップ企業の若きCEOのもとに、ある日突然、自分の会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきたことで、仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く、大人の青春ドラマ。

永野さんが演じるのは、自ら起業したスタートアップ企業「ドリームポニー」のCEO・成川佐奈。貧しい家庭に育ち、満足な教育環境に身を置けず、学校に馴染めなかった過去をバネに、高卒から独学で勉強、会社創設を実現させた。一方で人に頼ったり甘えたりすることが苦手で、仕事や恋の両立ができるほど器用でなく、仕事を第一に優先してしまうことも。

彼女の周りには、起業当時から苦楽を共にしてきたビジネスパートナーの須崎功をはじめ、それぞれのライフスタイルを持った個性豊かな同僚たちが。そこへおじさんサラリーマン・小鳥智志が転職してきたことから、佐奈の仕事や恋が一変することに。

今回、仕事に恋に一生懸命で爽快なヒロインを演じる永野さんは「自分の経験から目標を定め、実現させるためにひたむきに努力を続ける人です。初めて台本を読んだ時の印象も『エネルギッシュな人だな』でした(笑)」と演じるキャラクターの印象を明かし、「私自身も佐奈という役にパワーを貰いながらこの夏を一緒に過ごしたいと思います」と意気込んだ。

本作は、「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」「Night Doctor」の大北はるか脚本による完全オリジナルストーリー。大北さんは「感情豊かで親近感のある新しいCEO像の佐奈を、表現力豊かな永野芽郁さんがどう演じてくださるのか楽しみです。佐奈の夢を支えようと集まった仲間たちとの絆や複雑な恋模様も描いていきます。彼らの奮闘を通して、勇気と癒しと胸キュンをお届けします」とコメントを寄せている。

火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」は7月より毎週火曜日22時~TBSにて放送予定。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top