キット・ハリントン、「フランケンシュタイン」著者の伝記映画でモンスター役に決定

「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントンが、「フランケンシュタイン」の著者メアリー・シェリーの伝記映画『Mary’s Monster』(原題)に出演することがわかった。

最新ニュース ゴシップ
キット・ハリントン Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images for RFF
  • キット・ハリントン Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images for RFF
  • クララ・ルガアード Photo by Jeff Spicer/Getty Images
  • キット・ハリントン Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images
  • キット・ハリントン-(C)Getty Images

「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントンが、「フランケンシュタイン」の著者メアリー・シェリーの伝記映画『Mary’s Monster』(原題)に出演することがわかった。「Variety」誌が報じた。

『Mary’s Monster』は、メアリーが「フランケンシュタイン」を完成させる過程を描く映画。「自身の潜在意識の闇を言葉に表すことを恐れていたメアリー・シェリー。彼女は“内なるモンスター”との危険な戦いを繰り広げ、独創性に富んだSF小説『フランケンシュタイン』の執筆に取り組んだのです」というプロットが発表されている。

メアリー役を演じるのは、クララ・ルガアード(『アイ・アム・マザー』)で、キットはモンスター役を演じるという。キットは「『Mary’s Monster』の脚本はとても独創的かつ魅力的です。私は“モンスター”の独特な部分を表現するというアイディアを楽しみにしています」と語っている。

メアリーの夫パーシー役にフェルディア・ウォルシュ=ピーロ(『コーダ あいのうた』)、メアリー&パーシー夫妻の友人バイロン卿にセバスチャン・デ・ソウザ(「ふつうの人々」)も決定。

監督はファーレン・ブラックバーン(「デアデビル」)が務め、脚本はデボラ・バクストロム(「Living with Frankenstein」)とスティーヴン・ハレット(「イーストエンダーズ」)が共同で手掛ける。

同作の製作は、今夏イギリスで開始するという。

《Hiromi Kaku》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top