Netflixで打ち切りの「デアデビル」がDisney+で再始動へ チャーリー・コックスがカムバックか

2018年にNetflixにシーズン3で打ち切られた「デアデビル」のドラマが、Disney+で新たに製作される方向だという。

最新ニュース ゴシップ
チャーリー・コックス Photo by John Lamparski/Getty Images
  • チャーリー・コックス Photo by John Lamparski/Getty Images
  • チャーリー・コックス Photo by Daniel Muños/Getty Images for NETFLIX
  • ウィルソン・フィスク/キングピン役で「ホークアイ」に出演/ヴィンセント・ドノフリオ Photo by Stefania M. D'Alessandro/Getty Images for RFF

2018年にNetflixにシーズン3で打ち切られた「デアデビル」のドラマが、Disney+で新たに製作される方向だという。製作総指揮&脚本を務めるのは、「コバート・アフェア」のマット・コーマン&クリス・オード。「The Hollywood Reporter」など複数メディアが報じた。

チャーリー・コックスがタイトルロール/マット・マードックを演じて人気を集めた「デアデビル」。4年経った現在も、ファンは「デアデビルを演じるのは彼しかいない」とチャーリーに厚い信頼を寄せている。

チャーリーが再びデアデビルを演じるかについては現在のところ不明だが、昨年、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にマット・マードック役でカメオ出演し、マーベルに“復帰”したことから、再演の可能性は高いとみられている。なお、Netflixの「デアデビル」でヴィランのウィルソン・フィスク/キングピンを演じたヴィンセント・ドノフリオも、Disney+のマーベルドラマ「ホークアイ」で同役を再演しているので、新しい「デアデビル」にカムバックする可能性がありそうだ。

Netflixでは2010年代後半にマーベルドラマ「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「パニッシャー」「アイアン・フィスト」が作られたが、全シリーズが打ち切りとなった。


※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《Hiromi Kaku》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top