キム・ユンソクからク・ギョファンまで『モガディシュ』内戦下のキャラカット一挙解禁

第58回百想芸術大賞では映画部門・大賞と作品賞を受賞した『モガディシュ 脱出までの14日間』から、「国か命か」の選択を迫られる韓国・北朝鮮の大使館員たちを演じたキム・ユンソクらの個性溢れるキャラクターカットが一挙解禁。

韓流・華流 スクープ
『モガディシュ 脱出までの14日間』チョ・インソン (c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.
  • 『モガディシュ 脱出までの14日間』チョ・インソン (c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.
  • 『モガディシュ 脱出までの14日間』ク・ギョファン (c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.
  • 『モガディシュ 脱出までの14日間』キム・ユンソク (c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.
  • 『モガディシュ 脱出までの14日間』キム・ソジン (c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.
  • 『モガディシュ 脱出までの14日間』ホ・ジュノ (c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.
  • 『モガディシュ 脱出までの14日間』チョン・マンシク (c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.
  • 『モガディシュ 脱出までの14日間』パク・ギョンへ (c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.
  • 『モガディシュ 脱出までの14日間』 (c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.

2021年度韓国映画No.1の大ヒットを記録し、第42回青龍映画賞で5部門、さらに今月開催された第58回百想芸術大賞では映画部門・大賞と作品賞を受賞した『モガディシュ 脱出までの14日間』が、7月1日(金)より公開。

この度、ソマリア内戦の大混乱の中、国外脱出をかけて「国か命か」の選択を迫られる韓国・北朝鮮の大使館員たちを演じたキム・ユンソク、チョ・インソン、ホ・ジュノ、ク・ギョファンらの個性溢れるキャラクターカットが一挙解禁。さらに、監督のリュ・スンワンから日本の観客へメッセージが到着した。


>>『モガディシュ 脱出までの14日間』あらすじ&キャストはこちらから

駐ソマリア韓国大使ハン・シンソンを演じたのは、『1987、ある闘いの真実』『暗数殺人』『天命の城』などで、その役柄に無限の幅広さを見せてきた名優キム・ユンソク。1990年、韓国が国連に加入するために奮闘する中、突然の内戦勃発による危機的な状況においても、韓国大使としてリーダーシップをみせ、大使館の職員や家族たちを世話しようとする責任感の強い人物を熱演。

また、ドラマ「バリでの出来事」「大丈夫、愛だ」映画『ザ・キング』などで人気を博し、最近ではバラエティ番組にも出演するチョ・インソンは、国連加盟に向けた外交戦のために、派遣された安全企画部出身の参事官カン・デジン役を演じ、自己流のコングリッシュ(韓国式発音の英語)を駆使するなど新しいカラーで役に息を吹き込んだ。特に、一触即発の状況下でも冷静に行動するチョ・インソンの演技は、映画の緊張感を保つのにひと役買っている。 

実はキム・ユンソクとチョ・インソンは本作で初共演。キム・ユンソクはチョ・インソンに対して「先輩後輩というよりも友達、同僚と感じる俳優」、チョ・インソンはキム・ユンソクについて「キム・ユンソク先輩と一緒に演技ができる機会は、私の人生において大きな分岐点になると思う。本当にありがたい」と、互いへの愛情と尊敬を伝え、そのケミストリーにも期待が高まっている。

一方、韓国と対立する北朝鮮のリム・ヨンス大使を演じたホ・ジュノは、『国家が破産する日』や「キングダム」シリーズなどこれまでの作品とはまた一味違った存在感で、劇中、暴徒と反乱軍の公館略奪によって生きるための苦渋の選択を決断する難しい役どころを演じきり、青龍映画賞や釜日映画賞で助演男優賞を受賞。

そして、『新感染半島 ファイナル・ステージ』やドラマ「D.P.-脱走兵追跡官-」など話題作への出演が相次ぐク・ギョファンが演じたのは国家に忠誠を誓う北朝鮮大使館の参事官テ・ジュンギ。韓国側に対し、常に疑心を頂き、好戦的な態度をみせるなど、印象的な演技を見せる。青龍映画賞では人気スター賞を受賞しており、最も注目される俳優の新たな代表作となりそう。

そのほか、韓国大使夫人キム・ミョンヒ役には『ザ・キング』『KCIA南山の部長たち』でカリスマ性溢れる演技力をみせたキム・ソジン

忠実な韓国大使館の書記官コン・スチョル役に『アシュラ』『ベテラン』などでバイプレーヤーぶりが光るチョン・マンシク

また、自主的で行動力のある事務官役を演じたキム・ジェファパク・ギョンヘまで、映画とTVドラマの両方で活躍する個性豊かな俳優たちがキャスティングされ、知られざる実話の映画化にエネルギー溢れる演技で応えている。


リュ・スンワン監督からメッセージ「できるだけ大きなスクリーンで」


さらに大ヒット作『ベテラン』や『ベルリン・ファイル』『生き残るための3つの取引』などを手掛け、“韓国のタランティーノ”と称されるリュ・スンワン監督から、公開を約1か月後に控えた日本のファンにコメントが到着した。

「『モガディシュ』は劇場で鑑賞することに最も適している映画です。
この映画をご覧になる観客の皆さんには、できるだけ大きなスクリーンで鑑賞することをおすすめします。
互いを憎んでいた韓国と北朝鮮の外交官たちが、内戦が勃発したアフリカのある地域で生き残るために敵対することをやめ、力を合わせる決意をします。
コロナのパンデミックによって全世界が苦しい時期を過ごしています。私たちが憎悪を止め、力を合わせたら、この状況からも共に脱することができると思います。皆さん、がんばりましょう。」
リュ・スンワン監督

『モガディシュ 脱出までの14日間』は7月1日(金)より新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国にて公開。



※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top