“鬼刑事”阿部寛が音楽隊でドラム演奏『異動辞令は音楽隊!』ヒゲダン主題歌入り予告

阿部寛主演、清野菜名、磯村勇斗ら共演の内田英治監督作『異動辞令は音楽隊!』より予告映像とポスタービジュアルが解禁された。また本作の主題歌を担当する「Official髭男dism」の楢崎誠よりコメントも到着した。

映画 邦画ニュース

阿部寛主演、清野菜名、磯村勇斗ら共演の内田英治監督作『異動辞令は音楽隊!』より予告映像とポスタービジュアルが解禁された。また本作の主題歌を担当する「Official髭男dism」の楢崎誠よりコメントも到着した。


>>『異動辞令は音楽隊!』あらすじ&キャストはこちら

阿部寛演じる現場一筋30年のベテラン刑事が音楽隊に配属され奮闘する本作は、日本アカデミー賞受賞『ミッドナイトスワン』の内田英治がYouTubeで偶然目にした警察音楽隊のフラッシュモブ演奏の映像から着想を得て原案・脚本・監督を手掛けたヒューマンドラマ。

この度解禁となったポスタービジュアルは、音楽隊の制服に身を包みドラムセットとともに浮かない表情を浮かべる阿部さんの姿がインパクトのある1枚。「なんで俺が」とぼやいている“鬼刑事”が、音楽隊での活動を通してどう変化していくのか? 本編の展開が気になるビジュアルとなっている。

併せて解禁された予告映像は、高齢者を狙った“アポ電強盗事件”を、犯罪捜査一筋30年の鬼刑事・成瀬司(阿部寛)が持ち前の過激な方法で捜査する様子から映し出される。“コンプラ”を無視し部下から疎まれ、家庭を顧みず娘には愛想を尽かされる。そんな成瀬が命じられたまさかの異動先は、音楽隊だった!

不本意ながら音楽隊へ赴いた成瀬を待ち受けていたのは、警察署内の〈はぐれ者集団〉。成瀬は経験したこともないパーカッションを命じられるも、刑事のプライドから周囲と馴染むことができないまま。生き甲斐だった仕事も、家族も失った成瀬は「なにやってんだ俺」と失意に沈む。しかし、そんな成瀬に手を差し伸べたのは、音楽隊の面々だった。さらに、「あなたのドラムには勇気をもらえる」と、音楽隊の演奏に救われる人たちがいることを知った成瀬は再び立ち上がることを決意する。

最後は、「よし!」と強く呟いた成瀬が、演奏開始のカウントをとる後ろ姿が映し出され、成瀬の人生の大転換が始まることを予感させて映像は幕を閉じる。

映像内では、同僚のトランペット奏者・来島春子役の清野菜名、捜査一課の部下・坂本祥太役の磯村勇斗、サックス奏者・北村裕司役の高杉真宙、警察音楽隊を目の敵にする県警本部長・五十嵐和夫役の光石研、成瀬の母・幸子役の倍賞美津子らも映し出され、阿部さんと若き才能たち、そして日本映画界を支える重鎮が奏でるハーモニーにも期待が膨らむ予告映像となっている。

「Official髭男dism」

そして、物語を彩る主題歌は、ブラックミュージックをはじめ、様々なジャンルをルーツとした音楽で全世代から支持を集め続けている「Official髭男dism」が本作のために書き下ろした「Choral A」に決定。ポップで爽やかなサウンドと、伸びやかな歌声が、物語を優しく包み込む。ちなみにメンバーの楢崎誠はかつて島根県警察音楽隊でサックスを演奏していたこともある。その経歴も後押しとなり、主題歌決定へとつながった。

今回、作詞・作曲も担当した楢崎さんは「楽曲制作にあたってプレッシャーもありましたが、映画の内容と重なるように僕もたくさんの人に助けてもらいました。音楽隊に所属していた時の同僚と、今関わってくれている皆んなに心からの感謝を」と、警察音楽隊を描いた本作への強い思いを明かしている。

【楢崎誠コメント全文】
今回ご一緒できた事を本当に嬉しく思います。
台本を読ませて頂いた時から、完成までの中で好きな言葉やシーンがどんどん増えていきました。
楽曲制作にあたってプレッシャーもありましたが、映画の内容と重なるように僕もたくさんの人に助けてもらいました。
音楽隊に所属していた時の同僚と、今関わってくれている皆んなに心からの感謝を。
素敵な映画です。是非ご覧ください。

『異動辞令は音楽隊!』は8月26日(金)より全国にて公開。


※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top