次なるアベンジャーズ!? マイティ・ソーからミズ・マーベルまで期待の女性ヒーローを一挙紹介

『ソー:ラブ&サンダー』ナタリー・ポートマン演じるジェーン/マイティ・ソーや、『ドクター・ストレンジ』最新作のアメリカ・チャベス、ミズ・マーベルなど、期待すべき“ニューフェイス”の女性ヒーローたちを一挙紹介。

映画 洋画ニュース
『ソー:ラブ&サンダー』(C)Marvel Studios 2022
  • 『ソー:ラブ&サンダー』(C)Marvel Studios 2022
  • 『ソー:ラブ&サンダー』(C)Marvel Studios 2022
  • 「ミズ・マーベル」 (c) 2022 Marvel
  • 「ミズ・マーベル」 (c) 2022 Marvel
  • 「ホークアイ」(C) 2021 Marvel
  • 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(C)Marvel Studios 2022
  • 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 (C)Marvel Studios 2022
  • 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』本ポスター (c) Marvel Studios 2022

マーベル・スタジオが贈る劇場公開映画の最新作『ソー:ラブ&サンダー』の解禁されている本予告編では、ナタリー・ポートマン演じるソーの元恋人ジェーンが新たなヒーロー、マイティ・ソーとして登場し、世界中が騒然となっている。最近のMCU作品では次なるアベンジャーズか!? と期待が高まる強くパワフルな女性ヒーローの活躍が目覚ましく、本作のマイティ・ソーはじめ、今後の活躍に注目すべき“ニューフェイス”の女性ヒーローたちを一挙紹介する!


>>『ソー:ラブ&サンダー』あらすじ&キャストはこちらから



マイティ・ソー(ジェーン)/鎧を身に纏い、ムジョルニアを手に立ち上がる


サノスとの激闘によって多くの仲間を失い、いつしか戦いを避けるようになっていたソー(クリス・ヘムズワース)が“ヒーローの卒業”を宣言し、自分探しに迷走する中、姿を現したのはヒーロー“マイティ・ソー”となった元恋人ジェーンだった! 彼女は真面目な天文学者のジェーンだったころからは想像できないような劇的な“イメチェン”を遂げ、鎧からのぞく鍛え上げられた腕はたくましく、粉々にされたはずのムジョルニアを巧みに振りかざし暴れまわる大迫力のバトルを披露。

再会を喜ぶ暇もなく、ソーとマイティ・ソーの前には全宇宙の神々の殲滅を目指す、最強最悪の敵“神殺し”ゴア(クリスチャン・ベイル)が現れ、彼を倒すため、2人はタッグを組むこととなる。

神殺しを前に、ソーをも凌ぐほどのパワフルな戦いでファンから熱い視線を注がれているマイティ・ソーはどんな活躍を魅せてくれるのか? 次のアベンジャーズを引っ張る存在となるのか? ナタリー演じるマイティ・ソーがついに誕生し、最新作で白熱の“デビュー戦“を飾る。

『ソー:ラブ&サンダー』は7月8日(金)より全国にて公開。


ケイト・ビショップ/アベンジャーズ創設メンバー・ホークアイに憧れる


S.H.I.E.L.D.で数々のスパイ活動をこなし、アベンジャーズ創設メンバーとして世界を守ってきた敏腕エージェント、ホークアイに憧れ、ヒーローを目指し弓の達人となった22歳のケイト・ビショップ(ヘイリー・スタインフェルド)。N.Y.を訪れていたホークアイとある事件をきっかけに出会い、巻き込まれる形で、ホークアイとともに強大な敵に立ち向かった。ケイトはホークアイから、ヒーローとしての責任や危険、犠牲があることを教えられるが、憧れのヒーローであるホークアイと肩を並べ戦った。ヒーローを引退したホークアイに代わる、もう1人のホークアイとし、ケイト・ビショップの今後の活躍に注目だ。

「ホークアイ」はディズニープラスにて配信中。


ミズ・マーベル/アベンジャーズオタクの高校生が、ある日ヒーローの力に目覚める


「ミズ・マーベル」では、キャプテン・マーベルに憧れを抱くオタクの高校生、カマラ・カーン(イマン・ヴェラーニ)が登場。学校や家庭では自分の居場所が見つからず、「スーパーパワーさえあれば…」と妄想の世界に浸っていた。しかし、ある日突然、強大な力を手に入れ妄想したことが現実に!? 突然得た強力な力をコントロールできないカマラの生活は一変し、身の回りの世界をも変えていくことに。ごく普通の高校生が力に伴う責任に悩みながら、“ミズ・マーベル”として目覚めていく。

「ミズ・マーベル」は6月8日(水)よりディズニープラスにて配信開始。


アメリカ・チャベス/マルチバースを自由に行き来できる


元天才外科医にしてアベンジャーズ最強の魔術師ドクター・ストレンジが出会ったのが、“マルチバースを行き来する”という特殊能力を持つアメリカ・チャベス(ソーチー・ゴメス)。ティーンエイジャーのチャベスはまだまだ未熟なため、その力を自分の意志でコントロールすることができず、恐怖を感じると勝手にマルチバースの扉が開き別のバースへと移動してしまっていた。だが、やがてチャベスは、戦いの中で自身の過去と向き合い力をコントロールする術を身につけた。

ドクター・ストレンジにも物怖じせずツッコむような活気溢れる彼女は、早くもファンから人気を集めており、MCUで重要な鍵となる“マルチバース”を司る唯一の存在として、今後の活躍は必見となっている。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は公開中。


※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top