Apple、ブラッド・ピット主演&ジョセフ・コシンスキー監督のF1映画の配給権を獲得

Appleが、ブラッド・ピット主演のF1映画(タイトル未定)の配給権を正式に獲得したことが明らかになった。

映画 洋画ニュース
ブラッド・ピット (C) Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images
  • ブラッド・ピット (C) Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images
  • ジョセフ・コシンスキー Photo by Eamonn M. McCormack/Getty Images for Paramount Pictures
  • ブラッド・ピット Photo by Amy Sussman/Getty Images

Appleが、ブラッド・ピット主演のF1映画(タイトル未定)の配給権を正式に獲得したことが明らかになった。「The Hollywood Reporter」などが伝えた。今年1月、Appleは今作の配給権を巡って複数の大手映画会社とバトルを繰り広げていることが報じられていた。

『トップガン マーヴェリック』のジョセフ・コシンスキー監督が、同作の脚本家アーレン・クルーガー、製作のジェリー・ブラッカイマー、製作総指揮のチャド・オマーンら製作陣と再びタッグを組んで取り込む今作。製作にはF1ワールドチャンピオンを7回も獲得したルイス・ハミルトンを迎え、また、ブラッドの製作会社「Plan B」も参加する。

ブラッドが演じるのは引退したベテランドライバーで、新人のレーサーたちとともに、伝説的なレーサーたちと競い合う話だという。

ブラッドとコシンスキーは、2013年にも主演俳優&監督としてカーレース映画『Go Like Hell』を作ろうとしたことがあったが実現しなかった。この映画はのちにマット・デイモンとクリスチャン・ベールが主演、ジェームズ・マンゴールドが監督を引き継ぎ、『フォードvsフェラーリ』として公開された。

今作はApple TV+での配信前に少なくとも30日間、最高60日間の世界的な劇場公開が予定されている。Appleはこれまでにもオリジナル映画の『ウルフウォーカー』を30日間、デンゼル・ワシントン主演作『マクベス』を21日間、劇場公開したことがあったが、いずれも賞レースに参戦するための小さなスケールでの公開だった。


マリアビートル (角川文庫)
¥733
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top