【ご招待】フィンランドの国民的モダニズム画家の半生描く『魂のまなざし』シネマカフェオンライン試写会に60名様

〆切り:6月29日(水)

プレゼント イベント
『魂のまなざし』(c)Finland Cinematic
  • 『魂のまなざし』(c)Finland Cinematic
  • 『魂のまなざし』(c)Finland Cinematic
  • 『魂のまなざし』(c)Finland Cinematic
  • 『魂のまなざし』(c)Finland Cinematic
  • 『魂のまなざし』(c)Finland Cinematic

〆切り:6月29日(水)

視聴可能期間:7月8日(金)10:00~7月10日(日)23:59

上映分数:122分

レビュー期限:7月11日(月)

※鑑賞後には必ずご感想やレビューを投稿下さいますようお願いします。

>>>『魂のまなざし』あらすじ&キャストはこちらから

モダニズムを代表する画家のひとりとして、近年世界的に注目を浴びるフィンランドの国民的画家ヘレン・シャルフベック(1862~1946)。その生誕160年を記念し、彼女の画業と人生を決定づけた1915年から1923年の時代を描いた映画『魂のまなざし』。

シャルフベックは、ロシア帝国の支配下にあったフィンランドに生まれ、祖国の独立と内戦を経て封建的な世界が崩壊していく過程と歩調を合わせるように、画家として、女性として、一人の人間として自律的に生きていく。狂おしい愛に打ちのめされ生涯の友情を得る中で、自身と身の回りの存在を凝視しその本質を描きだす手法をひたすら追求した。

抑圧的な母親や男性社会に臆せず、名誉よりも内から湧き出る情熱に従ったシャルフベック。どん底にあってもやがて立ち上がって背筋を伸ばし歩んでいく、その凛とした生き様が、北欧の透明な光に輝く自然や街並みとともに全編美しい映像で描かれる。本作が長編5作目となるアンティ・ヨキネンが監督を務め、現在AppleTVのSFシリーズ「Foundation」に出演中のラウラ・ビルンがヘレン・シャルフベックを演じる。

本作の公開に先駆けて、『魂のまなざし』シネマカフェオンライン試写会に60名様をご招待。


【応募方法】1.「cinemacafe.net」公式Twitterアカウント(@cinema_cafe)をフォロー
2.下記応募ボタンより必要事項を記入・送信

※ご視聴時はシネマカフェ会員ページへのログインが必須となります。
※都合により、中止、日程変更となる場合があります。予めご了承ください。
※当選者ご本人様のみ参加可能となります。視聴リンクの転送・公開を禁止いたします。
※無断転載・配信画面の撮影防止のため、配信画面にはウォーターマーク(透かし)が常時表示されます。ご了承くださいませ。
※当選者の方にのみ、オンライン試写会ページのURLをお送り致します。
※上記期間中に視聴&レビュー投稿が可能な方のみご応募いただけますようお願い申し上げます。
※カフェや公共交通機関など公共性の高い場所での視聴はお控えください。


『魂のまなざし』は7月15日(金)よりBunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top