ウディ・アレン、引退示唆か コロナ禍と動画配信サービスの台頭で製作意欲失う

アレック・ボールドウィンとインスタグラムで対談したウディ・アレンが、監督業からの引退を示唆した。

最新ニュース ゴシップ

アレック・ボールドウィンとインスタグラムで対談したウディ・アレンが、監督業からの引退を示唆した。

ウディは、劇場での上映期間が短く、動画配信サービスへ移行する作品が新しい映画を作ろうというやる気をそぐ要因の一つになっていると話した。コロナ禍で、さらにその思いは強くなったらしい。何か月も外に出ず、家に閉じこもっていたことで「予定していた映画を作れなかった」というが、そんな生活が長く続き「外に出なくてもいいや。映画を撮る必要もない。朝5時に起きて、一日中なにかを決断する必要もないんだ」と思うようにもなったという。

「少なくともあと1本は撮るかと。でも、これまでのようなスリルはなくなってしまった。監督をやり始めた頃は、映画を作れば全国の映画館で公開されたものだ。今は映画を作っても、6週間とか4週間、そんな短期間、劇場で上映されるとすぐにストリーミングやペイ・パー・ビューに移ってしまう。それに人々は家の大きなスクリーン、良い音響、きれいな映像で(映画を)観るのが好きなんだ」と映画製作に対する情熱を失っていることをうかがわせた。

「私が映画界に入ったときとは違う。だから以前より楽しむことができない。同じような楽しさを感じることができない。映画製作に対する感情がわからなくなっている。もう1本撮ってみてどんな風に感じるか見てみよう」と語った。

ウディには養女ディラン・ファローに対する性的虐待疑惑が浮上し、過去に仕事をした俳優たちから距離を置かれているが、この件に関しては触れなかった。



ウディ・アレンの6つの危ない物語 予告編 (字幕版)

(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ジゴロ・イン・ニューヨーク(字幕版)
¥204
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top