岡田准一&坂口健太郎、最強バディら濃厚キャラが暴れまくる!『ヘルドッグス』キャラPV

岡田准一主演『ヘルドッグス』よりキャラクター映像が公開された。

映画 邦画ニュース
『ヘルドッグス』(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会
  • 『ヘルドッグス』(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会
  • 『ヘルドッグス』(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会
  • 『ヘルドッグス』(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会
  • 『ヘルドッグス』(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会

岡田准一と坂口健太郎演じる、相性98%の最強狂犬コンビがくり出す、究極のノンストップ・クライム・エンターテインメント『ヘルドッグス』より、ぶっ飛んだ濃厚キャラがクセになるキャラクター映像が公開された。


>>『ヘルドッグス』あらすじ&キャストはこちらから

今回の映像は、岡田さんと坂口さんが演じる、闇落ちした元警官・兼高とサイコボーイ・室岡という相性バッチリなバディをはじめ、松岡茉優、北村一輝、大竹しのぶ、MIYAVIが演じるキャラクター6人にスポットがあてられている。

兼高は、愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、復讐に燃える最狂の男。警察組織から関東最大のヤクザ組織への潜入ミッションを強要される。バディの室岡は、死刑囚の息子という境遇を持ち、心の奥底に深い闇を抱える危ない男だ。

また、姉御肌な極道の女だが、優しい笑顔で魅力を振りまく愛嬌もあわせ持つボスの愛人・恵美裏(松岡さん)、兼高と室岡のボスで昔ながらのヤクザ者、人情と漢気を併せ持つ東鞘会・最高幹部の土岐(北村さん)、関東最大のヤクザ組織である東鞘会のトップに君臨するインテリヤクザ・十朱(MIYAVIさん)、兼高へ警察からの指示を受け渡す情報伝達係として暗躍する、復讐の冷徹マッサージャー典子(大竹さん)も印象的に登場。

それぞれが様々な思惑を抱え、予想だにしない展開をみせていく本作。一筋縄ではいかないキャラクターが暴れまわる姿は、観れば観るほどクセになり、本編への期待が高まる。

『ヘルドッグス』は9月16日(金)より全国にて公開。


ヘルドッグス 地獄の犬たち 1 (ヒューコミックス)
¥673
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top