『ドライヴ』から10年、ニコラス・ウィンディング・レフン監督特集上映決定

『ドライヴ』日本公開から10年の時を経て、回顧展「ニコラス・ウィンディング・レフン レトロスペクティブ」開催。

映画 洋画ニュース

『ドライヴ』の日本公開から10年の時を経て、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の幻の初期作ほか豪華7作品を上映する回顧展「ニコラス・ウィンディング・レフン レトロスペクティブ」を9月23日(金・祝)より3週間限定で開催することが決定。本公開のために制作したポスターと予告編が解禁となった。

1970年9月29日、デンマーク・コペンハーゲンにて映画監督の父と撮影監督の母との間に生まれたニコラス・ウィンディング・レフンは、24歳の時に監督・脚本を手掛けた『プッシャー』(96)でデビュー。本作はカルト現象を巻き起こし、国際的な評価を得る。続く『ブリーダー』(99)もヴェネチア国際映画祭でプレミア上映され、高く評価された。2011年、『ドライヴ』がカンヌ国際映画祭の監督賞など世界各国の映画賞を受賞し絶賛された。

『ドライヴ』

この度、『ドライヴ』が日本で劇場公開されて10年になることを機に、初期作『プッシャー』3部作ほか監督作6本、ドキュメンタリーを含めた豪華7作品が一挙スクリーンに集結。マッツ・ミケルセン長編映画デビュー作や、トム・ハーディ出演作などをスクリーンで味わえる貴重な機会となっている。

『プッシャー2』

今回到着したポスターには『ブロンソン』からトム・ハーディ、『ドライヴ』からライアン・ゴズリングとキャリー・マリガン、『プッシャー2』からマッツ・ミケルセンのシーンがデザインされている。

『ブロンソン』

また、予告編では「デンマーク出身の鬼才 ニコラス・ウィンディング・レフン 監督作6本を含めた豪華7作品がスクリーンに蘇る」と共に、デビュー作『プッシャー』はじめ今回上映される7作品の名シーンが彩られ、マッツ、ライアン、トムの姿も。また、本イベント開催時には今回限定のパンフレットやグッズの販売を予定している。


レフン監督からのメッセージ到着


「日本の皆さま
親愛なるパートナー、クロックワークス主催により私の回顧展を開催することができることを言葉にできないほど光栄に思っています。このイベントを通じてたくさんの喜びと興奮、そして何よりも重要なことですが、忘れられない経験を与えることが出来たらと願っております。ご存知かとは思いますが、日本映画からこれまで大きなインスピレーションを受けてきました。そして何度も言及しているように、いつか日本で映画を撮影したいと考えています。」

――ニコラス・ウィンディング・レフン

「ニコラス・ウィンディング・レフン レトロスペクティブ」は9月23日(金・祝)よりシネクイントにて3週間限定開催。

<上映作品>
『プッシャー』『プッシャー2』『プッシャー3』『ブロンソン』『ドライヴ』『オンリー・ゴッド』『マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン』


ネオン・デーモン(字幕版)
¥204
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
オンリー・ゴッド

(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top