トム・ホランド、メンタルヘルスのためにSNSの休止を発表「自分のことについて読むと悪循環に陥る」

ツイッターは半年、インスタグラムは1か月更新していなかったトム・ホランドが、「SNSを休止中」であることを明らかにした。

最新ニュース ゴシップ
トム・ホランド Photo by Gareth Cattermole/Getty Images
  • トム・ホランド Photo by Gareth Cattermole/Getty Images
  • トム・ホランド-(C)Getty Images
  • トム・ホランド Photo by Jesse Grant/Getty Images for Disney

ツイッターは半年、インスタグラムは1か月更新していなかったトム・ホランドが、「SNSを休止中」であることを明らかにした。

先週末、1か月ぶりにインスタに動画を投稿したトムは、「ハロー、そしてグッバイ。ぼくはメンタルヘルスのためにSNSから離れていましたが、@stem4orgについて話をせずにはいられないと思って、戻ってきました。Stem4は@thebrotherstrust(トムが兄弟、両親と運営している基金)が誇りを持って支援しているチャリティー団体の一つです。彼らの素晴らしい仕事に光を当てたいと思います」とつづった。



トムは動画の中で、「ネットで自分に関することを読むと、考えてしまって悪循環に陥ってしまうんです」として、改めてメンタルヘルスのためにSNSの更新を休止すると語っている。SNSのアプリを消すことも決断したそうだ。

Stem4については、アプリも提供している団体であり、子どもや若い人たちがより健康的な習慣を身につけ、メンタルヘルスの向上を促進するための教育ツールだと説明。「このアプリが、みんながより幸せに、より健康になるための最初のステップになればいいなと思っています」と語った。そしてトムは「Stem4も助けを必要としている」として、チャリティーTシャツの購入を呼びかけた。

《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top